狭心症の治療」カテゴリーアーカイブ

狭心症とステント留置術とコロナウイルス

2004年に緊急を要するといわれた「不安定性狭心症」で、初診時に即入院.即手術で冠動脈にステント留置の手術をうけました。 半年後の検査でステント留置部の前部分に再度の狭窄が起き、再びステント留置の手術を受け、再度半年後の … 続きを読む

カテゴリー: 狭心症の治療, 狭心症とコロナ | コメントする

2回目の手術(ステント留置術)緊急を要した狭心症のステント留置術

手術後半年後の再検査が必要と言われていました。初回のステント留置術の退院時に主治医、また薬剤師より説明ありました。 主治医の説明では半年後に再度カテーテル検査がありますが、再度の狭窄が起きる確率は5%程度(平成16年)で … 続きを読む

カテゴリー: 狭心症の治療, 狭心症とは? | コメントする