糖尿病の放置は後悔の始まりです。

糖尿病の合併症

糖尿病の怖い合併症

糖尿病と診断されたら後悔しないためにも放置することなく真剣に治療に取り組みましょう。
治療を怠り大きなハンデを背負ってから放置したことを後悔するのが糖尿病です。



糖尿病とは、そのまま放置すると腎臓などの臓器に大きな障害を及ぼす恐れがあり、さまざまな合併症を引き起こしてしまう恐ろしい病気です。
後に”あの時に真剣に治療をしておけば・・・・”と後悔するのが糖尿病かもしれません。




糖尿病の治療を怠り大きなハンデを背負ってから放置したことを後悔するのが糖尿病です。

糖尿病の合併症で特に発症率が高いといわれているのが糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症・糖尿病性神経障害の3種類です。



糖尿病性網膜症とは、糖尿病の合併症のひとつで目に発症する病気です。
糖尿病性網膜症を一度発症してしまうと治ることがほとんどなく、視力の低下はもちろん最終的には失明してしまう恐れがあります。
光を失ってから糖尿病の治療をせず放置したことをいくら後悔しても元には戻りません。



また糖尿病性神経障害とは、神経や毛細血管に障害が起こることで発症する、糖尿病性三大合併症のひとつです。

体を動かしたり、感覚を感じたりする機能が低下するのはもちろん、自律神経障害になることですべての内蔵に異変をきたしてしまうでしょう。

ケガや内臓の痛みを感じなくなるため、知らないうちに細菌に感染し、悪化してしまう可能性もあります。



糖尿病、足の痛みが伝わらない。

糖尿病、足の痛みが伝わらない。

足の怪我などに気づかず傷口から化膿して壊疽を起こして足を切断ということにもなるのが糖尿病の怖い合併症です。こんな方が年間全国で3000人度おられるそうです


糖尿病の治療を怠り大きなハンデを背負ってから放置したことを後悔するのが糖尿病です。


次は、腎臓です
糖尿病の合併症が腎臓まで来ますと、間違いなく入院治療です腎臓は重要な働きをする内蔵です

腎臓は血液の毒素や不純物をろ過する内蔵です
腎臓が機能出来なくなったあなたは、今まで通りの生活を送る事は不可能になります

腎臓機能が復帰出来なくなると、人は生きていけません


血液の毒素や不純物が延々と溜まり続ける訳ですから、1日置き程度は人工透析が必要になってしまいます。

失明して視力を失い、1日置きに病院で何時間も人工透析をしている人はあなたが想像する以上に多くいます。糖尿病の治療を放置して後悔している人が多くいるということです。

 

あなたは人生においてハンデを背負わないために・・また後悔しないために、糖尿病jと診断されれば放置せず真剣に治療に取り組みましょう。
決して糖尿病を侮ってはいけません。



糖尿病ってホントに怖い病気なのに、会話の中ではそれほど怖さを感じてない人が多いですよね。


通院中年配者の会話などでも・・・どこが悪いのですが?

糖尿病は放置せず治療を!

糖尿病は放置せず治療を!

”いや~ちょっと糖尿病と言われたので。。。通院していますが、たいしたことないんです・・・・というような会話をよく聞きます。
糖尿病ってホントに怖い病気だとわかっているのか?・・・・



糖尿病は、活動のためのエネルギー源であるブドウ糖が、血液中に過剰に増えてしまう病気ですブドウ糖が筋肉などで実際にエネルギーに変わるためには、膵臓から分泌される”インスリン”というホルモンの働きが必要です。


しかしインスリンが欠乏したり、十分働かないとブドウ糖をうまく利用だれず糖尿病が引き起こされます。

それほど怖さを感じないように思われがちな糖尿病ですが、ホントに怖いのは糖尿病から引き起こされる合併症なのです。


糖尿病の治療を疎かにしてついに合併症から光を失い、足を失い寝たきりの人生を余儀なくされる方が多くおられるのも糖尿病という怖い病気です。

”あの時に放置せず治療をしていれば・・”といくら後悔しても取り戻せません
それが糖尿病からの合併症という怖い病気です。

カテゴリー: 糖尿病 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です