糖尿病になると動脈硬化症を起こしやすくなるのはなぜ?

従来は欧米人に比べて低かった日本人の脳梗塞・心筋梗塞発病率も、近年、生活環境の変化とともに増加しています。

そして糖尿病の人は、糖尿病でない人の2~3倍これらの病気になりやすく、実際、脳梗塞になった人の約半数、心筋梗塞になった人の約3分の1に糖尿病がみられます。


糖尿病になると動脈硬化症を起こしやすくなるのはなぜか?

動脈硬化が進行して発作が起こるからです。

糖尿病と動脈硬化

糖尿病と動脈硬化


なぜ糖尿病の人がこれらの病気になりやすいかと言うと、脳梗塞も心筋梗塞も動脈硬化のために血液が流れにくくなって起こる病気であり、糖尿病はその動脈硬化の進行を早めてしまうからです。


動脈硬化が進むと血液が流れるスペースが狭くなり、血栓(血管の中で血液が固まったもの)ができやすくなります。

血栓によって血流がせき止められると、その先の細胞は酸素や栄養が届かないので、間もなく死んでしまいます。これが「梗塞」です。


脳や心臓の細胞は再生しません。
梗塞のために死んでしまった細胞が司っていた働きは復活せず、後遺症が残ってしまいます。



日本で行われた「久山町研究」では、糖尿病患者さんは非糖尿病の方に比べて脳梗塞の発症リスクが3.2倍高いこと、心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患の発症リスクが2.6倍高いことがしめされています。




また世界の大規模な研究でも、糖尿病になると動脈硬化症を起こしやすくなることが明らかになっています。




動脈硬化症による病気のサイン


神経障害を合併していると発見が遅れることも・・・


通常、狭心症や心筋梗塞は胸の痛みを伴いますので、胸痛が30分以上続くとき、回数や程度が強くなったときはすぐに病院に行って適切な治療を受けましょう。



ただし、神経障害を合併していると痛みを感じにくく発見が遅れることがあるので、定期的に心臓検査を受けることも必要です。



また、脳梗塞は死亡したり、半身麻痺、失語症など、深刻な後遺症が出ることが多いので、発作のサインを見逃さないことも大切です。




また糖尿病になると高脂血症を起こしやすくなります。


糖尿病になってインスリンが正常に働かない状態では、脂質代謝も低下してトリグリセライド(中性脂肪)やLDLコレステロールが増えたり、善玉コレステロールであるHDLコレステロールが減ったりして、高脂血症を招きやすくなります。



なにかにつけて厄介な糖尿病です。
出来るだけ早めの治療に効果があります。
合併症から手遅れってことのないように気を付けましょう。

カテゴリー: 糖尿病 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です