糖尿病の食事療法で高脂血症のリスクを下げろ

糖尿病と高脂血症には深い関係があり、糖尿病患者の約20~50%の方が高脂血症を発症しているといわれています。

高脂血症のリスクを下げる糖尿病治療には、食事療法、運動療法、薬物療法がありますが、食事療法は全ての場合の基本となります。

糖尿病治療

糖尿病治療

糖尿病とは、すい臓で作られるインスリンというホルモンの作用不足により、慢性的に高血糖になった状態のことです。インスリンの分泌量の不足や、その働きが悪くなると、栄養分が細胞の中に取り込まれなくなり、血液中にブドウ糖などの量が増えてきます。そして長期間高血糖状態が続くと、腎症や網膜症、神経障害などの合併症が起きる場合があります

 


通常、ブドウ糖はインスリンというホルモンによってエネルギーへ変換されますが、インスリンのはたらきが不足してブドウ糖が使われなくなると、高血糖を招いて糖尿病を引き起こします。 

40歳以上になると、5人に1人が糖尿病にかかっていると言われており、現代人の生活習慣病の1つとして数えられています。 


高脂血症にかかっている上に糖尿病を併発すると、動脈硬化が進行しやすくなります。 

糖尿病になると血管内が傷つきやすくなり、血管内に血液の固まりができやすくなる上、さらにコレステロールが高くなると、コレステロールの結晶がたまって、より血管を傷つけることになります。 


傷ついた血管部分は血液が固まってふさいでくれますが、血液の流れが阻害されるようになり、動脈硬化を引き起こしやすくなります。 


高脂血症と糖尿病は単独でも動脈硬化を引きおこす原因となりますが、合併するとさらに動脈硬化を悪化させ、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こします。 


こんな怖い糖尿病軽々しく考えているととんでもないことになりますよ。
糖尿病からの高脂血症のリスクも含めて食事療法も真剣に取り組みましょう。

 

カテゴリー: 糖尿病 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です