糖尿病の食事療法の難しさとは?

糖尿病の食事療法、簡単そうで難しいのがこの食事療法ではないでしょうか?
塩分控えて薄味で。。。と言われてもね~~~また外食を無視して食事療法は考えにくいように思います。 

 

糖尿病の食事療法だといわれながら薄味の料理を何かと小言を言いながら食べてはいますが、外食となると一気に好きなもの(辛い物、濃い味のも)を選んでしまします。 

 

食事療法は糖尿病治療の基本であり、「食べ過ぎ、偏りをなくし毎日バランスの良い食事を摂る」ということです。

食事バランスガイド

食事バランスガイド


絶対に食べてはいけないものもないし、これを食べたら治るというものもありません。
誰もが本来送らなければならない正しい食生活で、糖尿病を良好にコントロールします。 


要は続けないと意味がないのですよね。
そこが食事療法の一番難しいところなんでしょう。
1週間、一か月我慢せよ というのなら出来ましょうが、この先ず~と続けるとなると。。
誰しも食事療法で一番悩むのが続けるということなんでしょう。 

 

糖尿病が進行すれば大変ですが。。。。初期の自覚症状のない時に食事療法だといって好きなものが食べれないというのもつらいですよね。 

 

糖尿病が進行したら大変なことになるのはわかっていても、現時点では何の症状もないのに糖尿病のための食事療法だということでの塩分控えめ、薄味料理はつらいですね。
糖尿病が進めばもっともっと辛い目に合うのはわかっていても…でもね~~ 

 

そして気が付けば糖尿病も進行して合併症を患って取り返しのつかないことに。。。。
これが糖尿病というこわ~い病気なんでしょう。

 

カテゴリー: 糖尿病 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です