狭心症は季節の変わり目などに起こりやすい。

狭心症や心筋梗塞の引き金として、「季節の変わり目」などがあります。

また暖かいところから急に寒い場所に移動した場合なども狭心症の兆候がある人などは特に気を付けたいですね。

 

 

暖かいところから急に冷凍室などに行くような場合などは特に気を付けたいですね。

 

私は夕方に散歩をしていますが、季節の変わり目は無論のこと冬場などは暖かい部屋から急に飛び出すと外気との温度差が激しく狭心症再発の危険性を含んでいます。

 

 

マフラー、マスクなどして急激な温度差を避けるようにしています。

季節の変わり目は暖かい季節から寒い季節になるばかりではありませんね

 

 

寒い季節から暖かい季節へと変わる場合も季節の変わり目です。

急激な温度差などは狭心症や心筋梗塞の引き金としての要因にもなりますので注意しましょう。、

 

 

もうすぐ12月だというのに気候は10月の気候で異常気象とかで暖かい日が続いていますね。

ところが昨日あたりから急に寒気が下りてきたとかで急に寒くなりましたね。

きょうなどは気温も上がらず寒い一日だそうです。

 

 

しかしこれが本来の気温なのだそうですが、今まで暖かっただけに一層寒さを感じます。

狭心症の持病がある私には「季節の変わり目」は無論のこと急激な気温の変化も要注意です。

 

季節の変わり目だけではなく狭心症や心筋梗塞の引き金としては?

・自然環境の変化 (気温変化や季節の変わり目など)

・過度の運動 (いつも運動をしていない人が急に始めることも要注意です。)

・精神的緊張、ストレス (驚いたり、ショックを受けたりすることも含まれます。)

・喫煙 (たばこに含まれる物質が血管に悪影響を示します。)

・脱水状態 (水分不足の状態では、血液がドロドロになり、流れにくくなります。)

 

などが上げられます。

 

 

カテゴリー: 狭心症の原因 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です