狭心症の予兆は生あくびから?

狭心症の予兆として生あくびがあるそうです。

生あくびは、脳の病気の症状の一つとして知られています。
たとえば、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍などの病気は、あくびを症状の一つとしているそうです
狭心症の発作が起こると冷や汗とともに、あくびが出ることがあるそうです。
気になる方は脳CTや脳MRIの検査をした方がいいかもしれません

 

あくびとはどんなときに出るのでしょうか?
あくびは一般的に次のようなときに出ると言われます。

・ 眠たいとき。非常に疲れているとき
・ 退屈なとき
・極度に緊張しているとき
生あくびは、眠いときに出るあくびとは違い、体が非常に疲れているときに出るあくびです。
「脳疲労」が生あくびの原因だとされています。

 

生あくびは病気の初期症状、病気の印であることがあります。
あくびが止まらない、あくびがままならない、という場合は、一度医療機関に診察してもらうと安心ですね。

 
心臓病の予防・治療とリハビリ 狭心症・心筋梗塞の最新治療法 運動・食事リハビリで心臓を守る…
 

私の狭心症の場合はあくびは出なかったように記憶してますが、こうして狭心症について調べてみると人によってもいろいろな予兆とでもいうのでしょうか? 直接には狭心症と関係がないのではないかとおもわれる予兆までいろいろですね。

 

どんな病も同じかしれませんが、心臓の病は直接命にも関わりますから怖いですね。
狭心症は経験した者でないと理解できないのかもしれませんが、あの不安、恐怖心は退院後なかなか消えないですね。

カテゴリー: 狭心症の原因 パーマリンク

コメントは停止中です。