狭心症の予兆とは思わなかった。

狭心症の予兆は以前からあった。

よくよく考えてみれば狭心症の予兆は以前から出ていたようにおもいます。

 

海釣りが趣味で、(そのためにこの地に越してきました。)
よく淡路島に釣りに出かけますが、自転車で船着場までの約7分ばかりを走りますが、途中に少しばかりの坂道があります。
距離にして5m~10m歩いても数歩なのですが、自転車を思いっきりこぎ乗り切ります。

 

狭心症 原因

狭心症 原因

その後に胸がしめつけられるような経験を何度となくしておりました。
すこし休めば収まりますのこのときは気にとめませんでしたが、これが狭心症の予兆だったのでしょう。

 
まさかまさかの狭心症ですから、このなんともいえない締め付けられるような胸のつかえ(?)が狭心症の予兆などとは思いもしませんでした。

 
また、パソコンでデザイン画を描くのが仕事です。
いつも肩こりに悩まされていたのですが、あるときいつもと違う肩こりを感じました。

 

行き付けの開業医で見てもらうことにしました。
早速の如く ”はいレントゲンを取りましょう” 骨には異常ないですね 使い痛みでしょう

後から解ったのですが、この肩の痛みも狭心症の予兆とは思っても見ませんでした。

 

今までと違う肩の痛み、腕の痛みはますますひどく 知人に話しますと
もしか。。。。ということで別の心臓の名医とかいう病院の話を聞きました。
でもいままでの症状がまさか狭心症の予兆とは思っても見ませんでした。

 

後日病院で診察を受けました。
心電図など一通りの検査をして様子を見ようということになりました。
検査結果から再度24時間フォルダーを付けての検査をしました。
その間、異常があればということでニトロの舌下錠を渡されました。

 

数日後の検査結果ならびにここ数日の状況を話しますと、狭心症ですね。
しかも緊急を要しますので、すぐに大きな病院(市民病院)を紹介します。
明日、明後日どちらが良いですか?
ということで明後日の予約をいれて市民病院での診察を受けることになりました。

 

カテゴリー: 狭心症の原因 パーマリンク

コメントは停止中です。