狭心症と喉の違和感・・もしかして狭心症では?

狭心症の症状にも喉の違和感を感じる場合があります。

喉の違和感がある病気として「扁桃腺」とか「喉頭炎」とか「咽喉頭異常感症」とか怖いところでは「喉頭がん」「食道がん」などがありますが、狭心症の場合も喉に違和感を覚えることがあります。

 

狭心症は、心筋への血流が健全に行われないことが原因で胸の痛みなどが生じる病気です。
血流が健全でないということは酸素が十分に行きわたっていない状態のため、喉の違和感とか息苦しさを感じることも多いようです。
また、喉の痛みや胸の圧迫感なども生じる症状もあります。

 
狭心症の自覚症状を見逃すな
狭心症だって自覚症状はあります。

実際に私が経験したのは、まだ診察に行く前のことですが、。。。。
なんとなく喉が詰まったような感じを受けたかと思うと喉の違和感、胸の痛み、大げさに言えばまるで喉の違和感に加えて起きる胸の圧迫感などで胸をかきむしらんと言わんばかりの苦しさ、痛みを感じました。

 

まるでドラマに出てくるシーンなどで狭心症とか心筋梗塞の場面で喉、胸を抑えて苦しむ場面がありますが、ホントあの姿ですね、
今思い出してもは反対に喉に違和感がよみがえる如く、あの日を思い出します。

 

狭心症は喉の違和感に限らず、肩の痛みとか(肩こりと間違う場合も多々あるようです。)歯の痛み(歯痛と間違うようです。)などをともなうこともあるので注意が必要です。
喉の違和感から胸の痛みなどを感じたバ場合などは狭心症を疑ってみる必要がありますので、医師の診察を受けるのが良いでしょうね。

 

狭心症から心筋梗塞などは直、命に関わる病気ですから早めの診察を!私の場合も、もう少し対応が遅れていいれば大変なことになっていたかもしれません。

また狭心症は寒い季節に発症することが多いため、冬場は注意が必要です。

 

カテゴリー: 狭心症の原因 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です