ためしてガッテン狭心症情報-検査でも見つからない狭心症

・検査でも見つからない狭心症

狭心症についてのネット検索中にためしてガッテンの情報にたどり着きました。
ためしてガッテンにはAさんという人の体験談がのっていました。

 

私は不安定性狭心症で冠動脈にステント留置術をして現在も通院中です。
そんな関係でインターネットで狭心症、心筋梗塞いわゆる心臓疾患の情報をよく調べます。

 

いつものように狭心症についての情報収集の中でためしてガッテンという番組内の情報として、検査しても見つからない狭心症があるということを知りました。


40代後半Aさんの体験として、これまで経験したことのないような激しい胸の痛みを感じて、病院を受診。

 

検査を受けたものの、心臓は「異常なし」という診断。
その後もたびたび胸痛に襲われ、いくつも病院を回ったものの原因がわからず、15年後にようやく、狭心症と診断されたそうです。

狭心症で疲れやすい

狭心症で疲れやすい

 

狭心症とは、心臓に酸素や栄養分を運ぶ冠動脈が動脈硬化などによって狭まってしまう病気です。


ところが、Aさんの場合、最新の画像検査などで冠動脈をいくら調べても、血管が狭まっているところは見つからなかったのです。

 

心臓自身に血液を送る血管には冠動脈という太い血管があります。
実際は太い冠動脈だけではなく冠動脈から枝分かれした細い血管が網の目のように心臓の筋肉の中に張り巡らされています。

 

実は、ナゾの狭心症は、最新の画像検査にも映らなかった、この細い血管が狭まることで起きていたのです。


その大きな原因の一つと考えられているのが、血管を広げる働きのある女性ホルモン・エストロゲンが減少してしまうことです。


この心臓病は「微小血管狭心症」と呼ばれ、更年期の女性の10人に1人はこの病気を発症すると考えられているそうです。

微小血管狭心症は、重症化するケースはまれにしかありませんが、胸痛が重くなると生活に大きな支障をきたすこともありますので気になる症状がある方は、病院で診察を受けることをおすすめします。

カテゴリー: 狭心症の原因 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です