狭心症は季節の変わり目に発症しやすい

狭心症や心筋梗塞は季節とも大きくかかわってきます。真夏や真冬よりむしろ季節の変わり目などに多く発症するといわれています。
急に寒くなったり、急に暖かくなったりするときに狭心症や心筋梗塞は発症しやすいようです。

 

また同じ季節の変わり目でも暑い季節から寒くなるときよりも寒い時からあたたくなる春さきへの季節の変わり目のほうが発症率が多いのだそうです。
これは暖かくなると活動量が増えるために多く発症するのだそうです。

 

今年は異常気象で局部的に大雨だったり猛暑だったりまたその影響で大きな被害もありで記録的な年のようですね。
またまた台風も近づきつつあるようです。被害がないことを願いたいものです。

 

台風の影響しているのでしょうか? ここ数日で急に涼しく。。というよ朝夕は寒く(?)感じられるようになりました。

こんな時期(季節の変わり目なのでしょう・・)には持病の狭心症にも気を付けたいと思っています。

 

狭心症の発症率の多い、季節の変わり目

狭心症の発症率の多い、季節の変わり目

■ありがとうございます・・・【●よく読まれているページトップ10

狭心症に見られる予兆とは?

狭心症の自覚症状・前兆は肩こりでした。

狭心症だって自覚症状はあります。

狭心症には左腕のしびれから痛みの症状ももあります。

狭心症で気をつけたい放散痛

狭心症が疑われるみぞおちの痛み

狭心症と喉の違和感・・もしかして狭心症では?

狭心症に見られる予兆とは?

狭心症と飲酒の関係は?

狭心症の原因

私も狭心症の治療中ですが、このような季節の変わり目などは特に気を付けています。
また急激な激しい運動などは控えるほうが良いでしょうね。

 

カテゴリー: 狭心症の原因 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です