狭心症の発作緩和に冷水は危険

「狭心症」ブログ投稿記事中、人気ページの要点をまとめています。
詳しくは各ページへを見てください。より細かい情報を記載しています。

狭心症のサイン(予兆)はこんなところにも現れます。

いつもの肩こりだと思っていたのです。
この肩こりは狭心症のサインだったのですが・・・・・

狭心症のサインとしては、左の肩や顎などが痛みます。
狭心症は心筋梗塞の前兆とよくいわれますが、典型的な訴えは前胸部の真ん中あたりの圧迫感、焼けるような痛み、締め付けられるような感じです。

いずれにしても、胸周辺に起こる。そのために、肩や歯が痛んでも、肩凝りや歯の痛みと勘違いするケースが珍しくないのです。
狭心症のサインである放散痛に気を付けましょう。

=====

狭心症には胸焼けに似た症状もあります。

狭心症には胸焼けに似た症状もあり、また歯痛と間違うような奥歯の痛みとか、肩こりと間違うような肩の痛みであったりしますが、それ以外にも下記のようなさまざまな症状がありますので、通常と違う痛みの症状を感じた時はまず診察を受けることです。

胸焼け、胸部などの痛みの場合はまず循環器科を受診しましょう。
狭心症は、進行すれば心筋梗塞にも進行して命に係わる重傷となる場合もあるのです。、

=====

狭心症には胸痛以外にむかつきという症状もあります。

狭心症の痛みは一般的には胸痛によるものが多いのですが、それ以外の症状が現れることがあり、息切れや動機などの呼吸障害、胃のむかつき・吐き気、全身のだるさや冷や汗、または歯痛などもみられるようです。

また発症するタイミングも安静にしていても発症する可能性はありますが、急激な運動をしたり、排泄時などの力み、喜び・悲しみ・怒りなどによる興奮状態(ストレス)などの、血圧が急激に変化するような状況にて発症する可能性が高くなります。

また心筋梗塞が早いペースで進行する際、自律神経のバランスが乱れ、胸がむかつく症状が現れることがあるそうです。。

=====

労作性狭心症の私が感じた症状

労作性狭心症とは冠動脈の狭窄のため心筋への血流が減少し、おもに階段を登るなどの運動時に胸部症状が生じる疾患です。

胸の圧迫感や締め付け感、痛みが生じます。肩や左腕、のど、歯へも広がることがあります。

=====

狭心症の発作緩和に冷水は危険?

狭心症の症状が出た時に冷水を飲んでおさまったという投稿記事を読んていた時に下記のような貴重な情報を見つけました。
狭心症で治療中ですが、幸いにしてその後、発作も起きずまた、冷水を飲むようなこともなかったのです。

狭心痛や逆流性食道炎痛などは、冷水を飲むことで、一時的に緩和されるようですが、大変危険な行為とだと、おせっかいながら警告しておきます。

=====

狭心症と抜歯について。。

狭心症でバイアスピリン錠を服用しています。
抜歯をするときなどは服用している薬を告げるなり、またお薬手帳を見せるなりする必要があるそうです。

抜歯をすれば当然に出血します。
服用している薬によっては抜歯後に出血が止まりにくいことがあるそうです。

=====

狭心症での冷や汗

虚血性心疾患には、狭心症と、心筋梗塞の2つがあります。が狭心症は、何かの拍子に胸がグーッと苦しくなる病気です。

これは、心臓の筋肉が要求している量に足りるだけの酸素が供給されない、つまり、血管が細くなったり、血管が痙攣を起こして血液の流れが止まったりすると、心臓の筋肉が酸素不足になって冷や汗をかきながら苦しくなりますね。
このようなことが発作的に起こる心臓病を、狭心症と言います。

=====

狭心症と保険金-お守り程度の保険では・・?

約10年前に不安定性狭心症で冠動脈に2本のステント留置術を受け、その後バイアスピリン錠と心臓の貼り薬など服用しています。

加入している保険が満期を迎えました。
新規に入ろうとするときに服用している狭心症治療薬(バイアスピリン錠)で引っかかります。

=====

狭心症 でも入れる保険がありました。

狭心症になって、保険についてちょっと(ほんのちょっとだけ。)敏感になりました。
保険ってよくよく調べてみないと・・・掛け金がほとんど変わらずなのに保証が随分と違います。

=====

狭心症でも入れる保険ー保険も時には見直しを!

保険はあまり好きではありませんが、約10年前に狭心症でステント留置術を受けました。
その時は郵貯の保険とか、県民共済の保険に加入したいましたので入院費用の大半は保険で賄えました。

でもその時感じたのは保険よりも国民健康保険の高額医療制度のありがたさをつくづくと感じました。

カテゴリー: 狭心症 入れる保険, 狭心症の症状 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です