狭心症の原因を知って予防

狭心症に限らず病気の予防というのは、治療より難しいと言われます。
狭心症や心筋梗塞は冠動脈の動脈硬化が一番の原因であることはわかってきました。



さらにその動脈硬化を促進させるものとして、高血圧、高脂血症、喫煙(タバコ)、糖尿病、肥満などが原因として上げられます。
しかもこれらが単独ではなくて、重なるほど悪いということもわかってきました。



狭心症の予防の面からでも抑えることのできる原因(要因)は取り除きましょう
その第一が喫煙ですね。
禁煙は全ての病気の予防に効果があります。




ちょっと横道にそれますが。。。

狭心症 原因 予防

狭心症の危険因子を取り除きましょう



不安定性狭心症になる約5年ほど前から禁煙していました。
一回で禁煙できたわけではありません。



今日から「禁煙」と宣言しても一ヶ月もしないうちにまた喫煙状態にそれどころか反動で喫煙本数が増えている。
そんなことを3度も繰り返しとうとう喫煙本数も一日3箱(60本)のヘビースモーカーになっていました。(その時喫煙歴37年間)



4度目の「禁煙宣言(2001年2月18日)」はたまたま見たテレビ番組の終了時に「明日から禁煙」と言って家族に馬鹿にされての禁煙スタートでした。



まさか数年後に起こる不安定性狭心症の予防のために禁煙したのではなかったのですが・・・


今度ばかりは何が何でも。。禁煙2ヶ月目までは、ノイローゼになり脳波の検査も受けたり(原因は不明です)、。。いろいろなことがありましたが、今日まで10数年一本のタバコも吸うことなく禁煙に成功しています。
今はもう喫煙の夢を見ることもなくなりました。(笑)



そんな禁煙日記ブログの一部を<a href=”http://kinen-1218.seesaa.net/”>禁煙・喫煙・タバコのいろは</a>展開しています。



でもでもその数年後に、不安定性狭心症になるなんて。。。。もしあのまま喫煙していたならばもしかして心筋梗塞になっていたかも。。。
また退院後の治療、予防ににおいても禁煙という戦いも重なったことでしょう。



狭心症の予防のみならず喫煙は「百害あって一利なし」と分かりつつも禁煙は難しいですね。
そんなアナタ一度<a href=”http://kinen-1218.seesaa.net/”>禁煙・喫煙・タバコのいろは</a>を覗いてみてください。
禁煙のためのヒントがあります。

狭心症の原因の一つである禁煙は狭心症予防の第一歩かもしれませんよ。

 

 

カテゴリー: コラム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です