パニック発作と狭心症の発作

パニック障害(パニック発作)は、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈(ひんみゃく:脈拍が異常に多い状態)、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった体の異常と共に、このままでは死んでしまうというような強い不安感に襲われる病気です。

狭心症の発作は経験しましたが、経験したというより狭心症発作で緊急入院、緊急手術をすることになったのですがパニック障害(パニック発作)は心臓の病気ではないので手術の必要がないのでしょうね~~

狭心症 夫婦 予防

狭心症 夫婦 予防

 

 

 

でも初めてパニック障害(パニック発作)がおきれば狭心症もしくは心筋梗塞と間違うでしょうね。

狭心症の場合は、心電図に明らかな異常が見られますが、パニック障害は心臓の病気ではないため、なんら異常は見つかりません。
これは超音波検査でも同じことです。

 

 

初めてのパニック発作で、救急車を呼んで病院に運び込まれる場合もありますが、医師の診察を受ける頃には発作は消え、血液検査や心電図検査をしても異常はみられず、時には気のせいなどと言われることもあります。
パニック障害の特徴は、検査をしても身体的な異常は見当らないのに、パニック発作を繰り返すことです。

 

 

一方、狭心症・心筋梗塞等の「虚血性心疾患」は心臓の栄養血管である冠動脈の血流が不足することによって、心筋が酸素不足に陥ります。そのために生ずる痛みが「狭心症の痛み」です。

 

多くの場合、冠動脈の動脈硬化によって生じた冠動脈の狭窄が血流を障害することが原因となりますが、たいした動脈硬化がないにもかかわらず、冠動脈が痙攣性に収縮を起こして縮んでしまう(攣縮)するタイプもあります。

 

同じ発作でもパニック発作と狭心症に見られる発作とは違いますが、パニック発作と狭心症の発作は間違われやすいようです。
心電図などの検査で明らかな違いが出るようです。

パニック発作も運転中などに起こると大きな事故につながることもありますので日頃からの注意が必要です。

 

 

素人には狭心症もしくは心筋梗塞の発作とパニック発作との区別はつきませんよね。
発作が起きればとりあえずは救急車を呼ぶということなんでしょうね。
心筋梗塞なら–”そのうち発作もおさまるだろう”–なんて悠長なこと言ってれば手遅れですからね・

カテゴリー: コラム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です