紹介状を持っての初診から7時間後には手術台の上にいました。

紹介状を持って市民病院で初診手続きを済ませて診察室へ。。。

2~3の検査、待つこと1時間少々で再度の問診。

先生の言葉は?

即入院です手遅れにならないうちに今日はどんなに遅くなっても手術しますので帰って入院の準備をしてきてください。

途中で発作がおきればこの薬を飲んでください。

病院までたどり着けば何とかしますから。。。。とりあえずは入院の準備をしてきてください。

自宅近くの開業医からの紹介状を持参しての市民病院での初診時の診断でした。

まさか初診で即入院とつけられるとは思ってもみませんでした。

 

近くの開業医での検査結果で、大きな病院での紹介状を書きますからできるだけ早く受診してください

できれば明日にでも受診してください。

市民病院での受診するように紹介状を書いてもらっての初診でしたがまさかまさかの、当日に入院を告げられしかも、

手遅れにならないうちに今日はどんなに遅くなっても手術します。

入院証明書

狭心症 治療 入院

という言葉を聞くとは思ってもいませんでした。

何はともあれ早速にタクシーで自宅に帰り妻に事情を話して入院の準備をして妻と一緒に再度市民病院へ行きました。

受付で入院手続きをしませて病室に着くとしばらくして看護婦さんがちょうど4時頃に時間が空きましたので手術の準備にかかります。

と言われました。

 

近くの開業医での紹介状を持参して市民病院で初診。

2~3の検査をして入院を告げられ病室についたのが午後の2時頃です。

その約2時間後に狭心症の緊急手術をすることになりました。

カテゴリー: 狭心症とは? パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です