狭心症 ステント留置手術とその後

狭心症治療中で気をつけたい飲み物は?

狭心症の手術退院時に薬剤師さんから服用する薬について説明がありました。

飲み物と薬の副作用について。。。の説明で薬と一緒にとってはいけない飲み物などについての説明がありました。

狭心症の治療薬として「バイアスピリン錠」「リピトール錠」「ランデル錠」を服用していました。この中で「ランデル錠」がグレープフルーツや、その他の柑橘類(プンタん、ハッサク、ダイダイ、ザボンなど)の服用で、血中の濃度があがって薬の作用や副作用が強くなることがありますので注意してください。との説明でした。

=====

狭心症と喉の違和感・・もしかして狭心症では?

狭心症は、心筋への血流が健全に行われないことが原因で胸の痛みなどが生じる病気です。

血流が健全でないということは酸素が十分に行きわたっていない状態のため、喉の違和感とか息苦しさを感じることも多いようです。

また、喉の痛みや胸の圧迫感なども生じる症状もあります。

狭心症は喉の違和感に限らず、肩の痛みとか(肩こりと間違う場合も多々あるようです。)歯の痛み(歯痛と間違うようです。)などをともなうこともあるので注意が必要です。

狭心症 放散痛

左肩の痛みは狭心症かも?

=====

狭心症では息苦しさの症状がでます。

狭心症といえば一般的に胸の痛みなどを想像する人が多いですが、狭心症は息苦しさとか喉の違和感とか、肩の痛み、左腕の痛み、歯の痛みなどいろいろな箇所に普通でない症状が出ることがあるそうです。

初診時に告げられたのは緊急を要する狭心症です。即入院、即手術です。

手遅れにならないうちに、手術室が空き次第手術しますから入院の準備をしてきててください。

=====

狭心症の発作は早朝に起きた。

狭心症の診断書には「不安定性狭心症」と書かれています。

早朝に発作が起きたり、また入浴時に発作が起きたり、トイレ時とか軽い運動をしたときとかに発作が起きていました。

3日ほど早朝に発作が起き息苦しさと胸の痛みに耐えていました。

初めは早朝に見る夢のなかで、氷の上を歩いて息苦しくなって目が覚めたのが初めての早朝の発作でした。

そんな緊急を要する狭心症の診断書には「不安定性狭心症」と書かれています。

=====

狭心症でステント留置術なのに再狭窄が。

狭心症のパイバス手術の検討もされたがステント留置術でなんとか事なきをえました。

難なく済んだステント留保術でしたが半年後の再検査で再狭窄、今度はステント留保部の前の部分が再狭窄していていかにも悪い場所に再狭窄が起きており、再度の手術となるのですが・・・、主治医の話では場所がね~~・・・うまくいかなければバイパス手術になるますが。。

=====

狭心症は疲れやすいと言われますが?これは薬の副作用ですか?

狭心症の友人に聞かれるのが、”狭心症になると疲れやすいのは本当ですか?” ・・・と聞かれますが、私は約10年前に不安定性狭心症と診断され、初診その日に、緊急入院、即手術だと告げられ、初診から七時間後には手術台の上でした。

退院後は友人と同じようにバイアスピリンなどの薬を服用しています。

言うなれば狭心症の先輩(こんな先輩はなりたくないですが・・)なのかもしれませ

ん。そこで聞かれるのが”狭心症って疲れやすいですか?” と・・・

=====

狭心症の発症年齢はあるのか?

狭心症の発症年齢は高齢者になってからだと思っていましたが、狭心症の発症年齢は徐々に若年化しているのだそうです。

現在、循環器疾患の多くは、狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患ですが、食生活の欧米化や運動不足等により、その発症数は急激に増加し、発症年齢も徐々に若年化しているのが現状らしいです。。

=====

狭心症でのステント留置術の予後の状況は?

狭心症でステント留置術を受けましたが予後の状況が思わしくなく再度の狭窄から再度ステント留置という事態になりました。

その後(予後)は発作も起きず、狭窄も起きず、狭心症で2度のステント留置術を受けてから今年で10年を迎えることになります。

予後順調に来ているといったところでしょうか?再狭窄ステント

=====

狭心症の退院時に受けた生活指導は?

狭心症でステント留置術を受けましたが予後の状況が思わしくなく再度の狭窄から再度ステント留置という事態になりました。

その後(予後)は発作も起きず、狭窄も起きず、狭心症で2度のステント留置術を受けてから今年で10年を迎えることになります。

予後順調に来ているといったところでしょうか?

ステント留置部は金属製の編目状のチューブですから再狭窄を起こすことはないですが、ステント留置部前後において狭窄が起きる場合があるそうです。

私が治療を受けた時の説明ではステント留置、予後約5%程度が再狭窄を起こすと説明されました。

=====

狭心症でのステント留置のその後は?

狭心症でのステント留置のその後の状況は?初回時のステント留置部分の再度の狭窄から再度ステントを初回時のステントに一部重ねての狭心症ステント留置術。

初回の狭心症手術時にその後の経過で5%の再狭窄が起きると言われていたうちの5%内に入るとは思ってもいなかったのですが。。。

カテゴリー: 狭心症とは? パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください