狭心症の方は特に熱中症にはご注意ください。

「狭心症」ブログ投稿記事中、人気ページの要点をまとめています。
詳しくは各ページへを見てください。より細かい情報を記載しています。

 

ニトロの効きにくい微小血管狭心症の症状とは?

心臓自身に血液を送る血管というと、まず思い浮かぶのは、太い冠動脈。
でも実際は冠動脈から枝分かれした細い血管が網の目のように心臓の筋肉の中に張り巡らされています。

ところが第3の狭心症としてニトロがききにくい微小血管狭心症の存在が知られています。

=====


狭心症で発作が起きたり、発作が始まりそうになったら舌下錠のニトログリセリン錠とか二トロール錠などがあります。
また口の中に噴霧するニトロールスプレーというものもあるます。

=====

狭心症には睡眠不足は大敵です。

狭心症には睡眠不足は大敵と言われながらもついつい夜更かししてしまします。
というよりこの仕事を選んでから40年になりますが、夜のほうがアイデアがまとまり仕事がはかどるようなので独立してからは39年。床に就くのは2時過ぎになります。

狭心症には睡眠不足は良くないとわかっていながらついつい。。。これが自営業の悲しさかもしれません。

自宅が仕事場。。。床についてもなかなか眠れないときまた何かを思い出した時などはベッドから這い出てパソコンの前に座っている。。。ということもしばしば。。。またパソコンって睡眠の妨げになりますね~~~

=====

狭心症とわかるまでは何科を受診されますか?

狭心症とわかれば何科などと迷うことなく循環器科を受診するでしょうが、奥歯が痛い、肩が痛い、なんとなくみぞおちあたりに痛みがあるようで。。。などというような場合は何科を受診されますか?

=====

狭心症だと思われた寝起きの胸痛

寝起きの発作

寝起きの発作

狭心症だと感じた寝起きの胸痛、朝方、夢の中で氷の上を歩いていました。
足元が滑ってうまく歩けなく、汗をかきながら息苦しく感じながら歩いていました。ここまでは夢の中の出来事でした。

気が付くと寝起きの胸痛で背中を丸めて痛みをこらえていました。
寝起きに襲われたこの胸の痛みは?
次の日も夢は見ませんでしたが、胸痛で同じように背中を丸めて痛みに耐えていました。

=====

狭心症の方は特に熱中症にはご注意ください。

狭心症など心疾患のある方は熱中症などにも特に気を付けてください。

心臓は、体内にためた熱を血液に乗せて還流させ続けています。熱い血液を体表に送り出し、冷えた血液をまた心臓へ迎え入れる血流を生み出すのは、心臓の収縮力、すなわちポンプとしての作用です。

持病に心不全や狭心症があると、暑熱環境下に長期におかれた場合、心臓の働きが熱のくみ出しに十分対応できず、結果として、体内に熱がうっ滞(血液が正常に流れず、静脈内などに停滞すること)してしまいます。

=====

狭心症での熱中症による夜の睡眠不足にはご注意

狭心症にとっての熱中症による夜の睡眠不足は危険因子の一つです。
疲労時における心肺機能の研究からは、睡眠不足が心拍出量 (心臓の収縮によって送りだされる血液の量) を低下させ、早い時期に無酸素代謝を起こし始めることが知られています。

=====

狭心症の運動療法には有酸素運動を!

ず~と元気

狭心症の持病のある方にとっての運動療法には有酸素運動を勧められます、運動には心肺機能を高めたり、血圧を下げたり、血中コレステロールを減少させたりする効果があり、狭心症はもとより高血圧や肥満、高脂血症の予防や改善に役立ちます。

運動の種類を大きく分けると、有酸素運動と無酸素運動があります。
有酸素運動とは酸素を十分に取り込みながらゆっくりと行う運動で、ウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳などがあります。

=====

狭心症でのカテーテル検査のリスク

不安定性狭心症でのカテーテル検査からステント留置術のリスクは?
私の場合も緊急を要する不安定狭心症ということで緊急入院、緊急手術ということになりカーテル検査から狭窄部にステント留置術をしました。

三度目のカーテル検査では血管が痙攣を起こしたとのことでなかなか針が入らずに通常の検査時間を大幅にオーバーしました。

=====

狭心症には思わぬ前触れがあります。

狭心症の前触れは個人差はありますが、思わぬ症状に狭心症の前触れとは気が付かないこともあるのでは?

プラークなどにより冠動脈が狭くなるとことにより心臓の血流が悪化する狭心症。心臓の筋肉に十分な酸素が届かなくなることで一時的に様々な痛みを引き起こします。

狭心症の前兆、予兆、前触れにはくれぐれのご注意ください。

カテゴリー: 狭心症とは? パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください