狭心症は若い人でも、20歳代でも、若い女性でも発症します。

「狭心症」ブログ投稿記事中、人気ページの要点をまとめています。
詳しくは各ページへを見てください。より細かい情報を記載しています。

狭心症でも入れる保険-保険の見直し-2

狭心症になると新たに保険に加入症としてもなかなか入れないようですね。10年も前にした不安定性狭心症でステント設置術をしました。

いまだに治療薬としてバイアスピリン錠を服用していますが、この薬の関係で新たな保険には入れないと聞かされました。

=====

狭心症は季節の変わり目に発症しやすい

狭心症や心筋梗塞は季節とも大きくかかわってきます。真夏や真冬よりむしろ季節の変わり目などに多く発症するといわれています。
急に寒くなったり、急に暖かくなったりするときに狭心症や心筋梗塞は発症しやすいようです。

=====

狭心症は糖尿病の合併症としてもおこります。

狭心症は糖尿病の合併症としてもおこります。
糖尿病の合併症は糖尿病による目の病気=糖尿病性網膜症や腎臓の病気=糖尿病性腎症、、糖尿病による手足のしびれなど末梢神経の病気=糖尿病性神経障害を加えた三つを昔から糖尿病の三大合併症と呼んできましたが・・・、

狭心症、心筋梗塞、脳卒中なども起こりうる合併症なのです。
ガン・肺炎・アルツハイマー型認知症などの重病を招きやすりことがわかってきています。

=====

狭心症は若い人でも、20歳代でも、若い女性でも発症します。

狭心症 放散痛

左肩の痛みは狭心症かも?

狭心症は若い方でも発症するか?狭心症は若い女性でも発症するか?ということで若い方がyahoo知恵袋などでいろいろと相談されているページを見ます。

20歳代の方が狭心症らしい症状を心配されて開業医などで診察されたが、何もなかったとか?また若い女性の時にも医者が最初から若い人では狭心症は発症例が少ないとの思い込みで診察しているフシがあるようなことが書かれていますが、一部うなずけるときもありますね。

冒頭の若い人が、20歳代の人が、また若い女性が狭心症になんるなんて少ない事例から「若いうちは狭心症なんてないでしょう?」と言われているように感じますね。

実際には若い人でも、20歳代の方、また若い女性でも狭心症は発症するそうですから狭心症らしき症状を感じたらやはり循環器科を受診をされるのが良いでしょう。

=====

狭心症の大きな原因の一つが喫煙です。ー禁煙しましょう

冠動脈の異変によっておこる狭心症は(1)高血圧(2)高脂血症(3)喫煙(4)ストレス過多(5)運動不足(6)加齢などが大いに関係しています。。
またこれらは動脈硬化、心筋梗塞にもつながるのである。

これら(1)~(6)の中で(3)喫煙ばかりは避けようとすれば避けられるのではないでしょうか?
喫煙は強い意志があれば避けることができます。
とはいうもののなかなかやめれないのもタバコです。それ故に狭心症の大きな原因の一つに数えられるのです。

=====

初診時に聞いた「今日中に不安定性狭心症の治療(手術)します」

初診時に聞いた「今日中に不安定性狭心症の治療(手術)します」

「不安定性狭心症と診断されて緊急を要するので今日はどんなに遅くなっても治療(手術)しますから今から帰って入院の準備をしてきてください。また途中で発作が起きた場合はこの薬を飲んでください。」と言われたのが開業医の紹介状を持参で市民病院で診察から約2時間後でした。

=====

狭心症の兆候、前兆の症状とは?

狭心症は前兆、兆候などの症状がつかみにくいと言われながらも、狭心症にも前兆、兆候はあるものです。

狭心症も突然に心臓発作などに見舞われ、狭心症の前兆、兆候らしき症状こ気づかなく、ある日突然に狭心症または心筋梗塞でたおれる、というようなことがありがちですが、よくよく後から考えてみると”そういえばあの症状が。。。。”背中の痛み” ”左肩の痛み” ”虫歯でもないのに奥歯の痛み””坂を駆け上った時の異常な息苦しさ”などなど後から考えてみるとあの症状がもしかしたら、狭心症の前兆、兆候ではなかったのか?と気づくことがあります。

でもでも・・本当は後から気づいたのでは手遅れの場合だってあるのです。

=====

徳光さんCMのアフラック保険は、過去の病歴(心筋梗塞、狭心症)でも入れます。

徳光和夫氏フリーアナウンサーが急性心筋梗塞で倒れ緊急入院している。(2001年6月。当時60歳)

徳光さんは現在は変わらず元気で活躍されていますね。
また外資系保険のアフラックのCMで過去に心筋梗塞(狭心症)また持病があっても、通院中でも、服薬中でも告知書の健康に関する3つの項目に該当しなければお申し込み頂けます。というCMが流れていますね。

=====

狭心症は前触れもなくやって来ると思われがちですが・・?

狭心症は前触れもなくやって来ると思われますが・・?
狭心症の多くは前触れの症状もなく突然にやってくる(発症する)ことが多いようですね
そのために予防、治療がおくれて重病化することもあるようです。

狭心症から心筋梗塞へと進み、大きなハンデを背負うことに・・・また命を落とすこともあります。
狭心症に限らず心筋梗塞、脳梗塞などにおいても前触れもなく発症するがゆえに死に至る確率が高いのです。。

=====

狭心症が起こりやすい状況と季節

狭心症も起こりやすい状況、起こりやすい季節というのがあります。
狭心症発作が起こりやすい季節や時間帯も知られております。
季節の変わり目、冬の寒い日や午前中などに多く起こる傾向があります。

暖かいところから急に寒いところに移動すると血管が収縮して血圧が高くなり狭心症が起こりやすくなります。

また狭心症を起を起こすと2ケ月以内に心筋梗塞になる確率も高くなるようですので、狭心症の発症後は十分な注意が必要です。

 

 

カテゴリー: 狭心症とは?, 狭心症の症状 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です