狭心症、心筋梗塞は突然死に繋がるこわ~い病気

狭心症発症しやすい性格

狭心症などによる突然死は性格によっても差がある。
突然死とは、死ぬと思わなかった人が突然になくなるのが突然死ですが、その突然死の約60%が心筋梗塞、狭心症の心疾患あると言われています。また20%が脳出血、脳梗塞です。
そんな狭心症、心筋梗塞の突然死の原因が性格によっても違ってくる

=====

狭心症、心筋梗塞は突然死に繋がるこわ~い病気

突然死のおよそ80%が心臓や脳の血管が詰まったり、破綻したりすることによる血管障害(心・血管疾患)が原因となっています。

死亡率の高さから行けばガンという病気があるでしょうが、そのガンでさえ見つかって即、死亡につながるということはありません。
たとえ末期ガンですら今日明日に死亡するということはないでしょう。

それに比べ心筋梗塞、狭心症、脳梗塞などの心疾患、血管疾患などは即、死につながる場合があります。

=====

狭心症の検査入院のはずが・?

狭心症・治療

狭心症・治療

狭心症などの検査入院はよく聞きます。
運動をした時などにちょっと胸が痛いのですとか、左肩、左腕がいたむとか。で小さな病院に行くとまず心電図などの検査をし、場合によっては24時間ホルダーをつけるなどいろいろな検査をします。

そこで狭心症の疑いが出ると「ちょっと大きな病院を紹介しますから検査入院して詳しく調べてもらってください。。。ということになり、市民病院などを紹介してくれるのが多いようです。

=====

狭心症も軽度のうちに発見できれば怖くない。

狭心症も軽度のうちに発見できれば怖くない。

狭心症においても症状が軽度の場合はさほど心配することもなく投薬で治療ができそうです。
多くの病気で言えることは病気、症状が軽度のうちに見つかれば、その後の治療において治療に係る時間も短くまた治りも早いでしょう。

しかし症状が軽度から重症化してくると、狭心症の場合でも心筋梗塞へと進行し最悪の場合は命も落とすことになります。

=====

「狭心症」知っておきたい 重症度の目やす分類(カナダ心臓血管協会)

カナダ心臓血管協会(CCS)が作成した「狭心症の重症度分類」を参考に紹介しておきます。

・【重症度Ⅰ度】
日常身体活動では狭心症が起こらないもの。たとえば歩行、階段を昇るなど。
しかし、激しい急激な長時間にわたる仕事やレクリエーションでは狭心症が起こる。

・【重症度Ⅱ度】
日常生活にわずかな制限のあるもの。早足歩行や急いで階段を昇る、坂道を登る、食後や寒冷時、風が吹いているとき、感情的にストレスを受けたとき、または起床後数時間以内に歩いたり階段を昇ったときに狭心症が起こるもの。

・【重症度Ⅲ度】
日常生活に明らかに制限のあるもの。1~2ブロック(50~100m)の平地歩行や自分のペースで階段を昇っても狭心症が起こるもの。

・【重症度Ⅳ度】
不快感なしに日常生活ができず、安静時にも狭心症状があると思われるもの

=====

狭心症の前兆に気づくとき

狭心症の放散痛という言葉を知っていればもっと早く狭心症の前兆に気づいたかもしれません治。

左肩が傷んだとき、左腕が傷んだとき、自転車で坂道を登った時に出ていた胸の苦しさ、などいま考えてみれば狭心症の前兆は現れていたのです。

でもその前兆に気づかなかったのです。
市民病院の初診時に不安定性狭心症と告げられ即入院・即手術が狭心症での最終便だったのかもしれません。

=====

狭心症の投薬の処方箋

投薬は朝夕の2回に三種類の薬を飲みます。朝は血栓を予防する「バイアスピリン錠」と胃薬の「ファモチジンD錠」の二種類、夕食後にコレステロールの値を下げる「アトルバスタチン錠10mg」の一種類、、寝るときは所定に位置に貼り薬「ニトロダームTTS25mg」・・・

狭心症と診断された場合はもちろん治療しますが、放置した場合はどうなるのでしょうか?
狭心症を放置した場合、最終的に高い確率で冠動脈の閉塞を起こし心筋梗塞を起こします。

 

カテゴリー: 狭心症の治療, 狭心症とは? パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です