狭心症が疑われたら?

狭心症(きょうしんしょう、angina pectoris)とは、心臓の筋肉(心筋)に酸素を供給している冠動脈の異常(動脈硬化、攣縮など)による一過性の心筋の虚血のための胸痛・胸部圧迫感などの主症状である。

虚血性心疾患の1つである。

狭心症の前兆

狭心症の前兆

狭心症が疑われたら?

 

狭心症診断のための検査 いろいろな検査を行って本当に狭心症なのか診断します。

診断がつかないまま、狭心症かもしれないといって薬を飲むことは、かえって有害です。

1、問診:発作の症状や状況を細かく聞きます。実はこれでほぼ診断がつきます。

 

2、運動負荷検査:運動によって症状や心電図の変化がでるかをみます。労作狭心症の場合はこれでほぼ診断できます。

3、ホルダー心電図:心電図の小さな測定器をベルトで固定して24時間測定します。これをつけている間に発作が起きれば、心電図の変化から診断がつきます。

 

4、負荷心筋シンチグラム:運動を行い、症状や心電図の変化と、心臓へ注射したタリウムなどの特殊な物質(放射性同位元素。RIともいいます)の集まり方をみて心臓の筋肉に流れる血液の分布を調べます。

5、冠動脈造形検査:太ももの付け根や腕の動脈からカテーテルという細い管を冠動脈のつけ根まで入れ、血管の状況をよく見るための造影剤を入れ、その流れを映像にします。

最終的な判断(確定診断)をつけるために行われますが、最近では大変安全に検査できるようになりました。

 

カテゴリー: 狭心症とは? パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です