狭心症の食事においての注意事項

狭心症での食生活にも注意が必要です

 

糖尿病対策に日本食

狭心症は食事にも注意しましょう。

◆食事の注意

食べ過ぎは避けましょう。

特に、太り過ぎの人は摂取エネルギーを減らし、低脂肪・低コレステロール食をとる、動物性脂肪を避ける、塩分の取り過ぎに注意しましょう。

 

食後のちょっとした動作で狭心症がおきやすいことは経験済みだとおもいます。

はら8分目にし、食後1時間半は労作を控えましょう。

 

食事用法は基本ですが、それだけ狭心症が治ったり病気の進行が止まるとはかぎりません。

神経質になり過ぎて人生の楽しみを失ってしまわないようにしましょう。

 

個人的に食事に関して気をつけなければいけないことは、なんと言っても塩分でしょう。

とりあえず辛い物が好きで、焼き魚などもまるで魚が醤油の海で泳いでいる如く醤油をかけ、また妻が折角薄味に味付けしたものに塩、醤油をかけていつも小言を言われています。(笑)

 

◆狭心症の食事 ◆

◎摂取するもの

老廃物を排除(デトックス)、活性酸素を除去(抗酸化作用)し、脂質とミネラルの代謝を高めるものを摂るようにしましょう。

◆デトックス(老廃物排除)効果の期待できる食材

菜の花、玉ねぎ、ほうれん草、小松菜、ブロッコリー、キャベツ、ニラ、アボカド、らっきょう、にんにく、干ししいたけ、だいこん、里芋、山芋、もやし、ごぼうなど

◆抗酸化作用のある食品

にんじん、ブロッコリー、ピーマン、小松菜、にら、皮つきハトムギ、そば、黒ごま、大豆、よもぎ、レンコン、緑茶、ほうじ茶など

◆ミネラル補給

海藻類(ひじき、わかめ、のり、青海苔、もずくなど)、水菜、山芋など

 

狭心症、食事にも注意しましょう。

狭心症、食事にも注意しましょう。

×摂取を控えるもの

脂質(コレステロール・中性脂肪等)を増加させる食品は控えましょう。

 

◆動物性食品

肉、牛乳、魚の干物、動物性加工食品など

◆加工食品

インスタント食品、菓子類(ケーキ、チョコレート、クッキー、ポテトチップスなど)、ジュース類(コーラ、スポーツ飲料、ドリンク剤など)

◆精製糖

白砂糖、粉砂糖、ブドウ糖、果糖、還元糖など

◆油脂類

バター、マーガリン、ラード、サラダ油、ヤシ油など

 

カテゴリー: 狭心症とは? パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>