2回目の手術(ステント留置術)緊急を要した狭心症のステント留置術

手術後半年後の再検査が必要と言われていました。
初回のステント留置術の退院時に主治医、また薬剤師より説明ありました。

主治医の説明では半年後に再度カテーテル検査がありますが、再度の狭窄が起きる確率は5%程度(平成16年)ですので大丈夫だと思います。との説明でした。

それが。。それが。。


半年後の再度のカテーテル検査において最初にステントを留置した部分の前側で狭窄が起きているということでした。
初回の手術の時にも説明されたのですが、狭窄部分が非常に難しい箇所だといわれました。

冠動脈の「三つまた」に分かれる部分だそうです。そのためにステント留置かバイパス手術か迷われたようです。
そして今回はステント留置した前の部分での狭窄でなお一層三つまたに分かれるほうに近づき治療が困難な場所、位置であると知らされました。

この時はバイパス手術を視野に入れての検査でした。初回に設置したステントの前に新たにステントを留置する十分な場所がないので初回のステントに重ねて今回留置します。という説明でした。

”初回のステントに重ねてステントを留置するので一度留置すると最初のステントと絡まって外すことができません。その場合はそくバイパス手術に切り替えます。”との説明でした。

治療途中の経過はわかりませんが、初回と同じように執刀医並びに周囲の看護婦さんたちの話し声は聞こえてきます。

今回は不安に感じる話ばかりでした。また今回は初回時の執刀医の助手をされていた先生でしたので。。(初回時の先生は市民病院を辞められ開業医の準備をされているということでした。

手術中の先生・看護婦さんたちの会話は?通らないな~あわないな~これでだめなら足から入れるか~(今は腕の血管からです)もう一度やってみるか?〇〇先生は上手だったんだな~などなど。。まだまだ不安いっぱいの会話が聞こえてきました。。。。。


通常の2倍程度の時間はかかりましたが、無事にステント留置術は終わりました。病室で待っている妻も時間がかかりすぎたので心配したようでした。

手術後は車椅子で看護婦さんが病室まで運んでくくださるのですが、看護婦さんの代わりに先生自ら車椅子を押して病室まで運んでくださいました。

この時の先生の気持ち察しました。ここで書きませんがw。。????

ここからまた半年後に同じようにカテーテル検査があります。憂鬱な半年が始まりますが今度は大丈夫だろう。

手術後の再発は5%前後と言われる確率に2度も当たることはないだろうと信じての半年後のカテーテル検査を待つ生活が始まります。

緊急を要するといわれた狭心症の手術から約16年たちます。最近ちょっと不安(動悸・息切れなどなど)に感じることが多いのですがコロナウイルスで大変な時期に病院に出かけるのはちょっと控えています。

カテゴリー: 狭心症の治療, 狭心症とは? パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください