狭心症の方、車の運転はご注意下さい。

運転中に狭心症を発症すれば大変なことになります。

自身のみならず周囲の車まで巻き込んだ重大な事故を巻き起こすかもしれません。
私は狭心症で手術する前から車の運転はちょっと苦手な方でしたので、運転に関してはいつも妻に任せています。

 

たまには車の運転もしなければ感覚が鈍るといってハンドルを握りますが、なぜか30分もハンドルを握れば眠くなるのです。

 

十分な睡眠を取っているはずなのにハンドルを握ると30分で眠くなります。
無論そのときは妻に運転を任せますが。。。

 

狭心症の手術をしてから一層激しくなったように感じます。
狭心症と車の運転なにか因果関係があるのでしょうか?

 

狭心症の方は出来れば運転は控えたいですね
車の運転は、精神的なストレスです。
混雑した道路や高速道路での運転は精神的な緊張を招きやすく、狭心症発作が起こることがあるそうです。

 

車社会の米国では心臓発作が原因の事故が多いと報告されています。
たかが車の運転と安易に考えずに注意しましょう。

 

知人の実話ですが。。。
勤め先の人と一緒に車に乗っていたときの事です。
田舎道で周囲に車はなくのんびりと走っていたらしいのですが、急に車が右斜線に傾きかけたので運転者を見ると何か意識が朦朧としているような感じだったので、咄嗟にサイドブレーキをかけながらスピードを落として停車したといってましたが、もしあれが交通量の多い場所なら大変なことになっていただろうと話してくれました。

 

このときの運転者は狭心症ではなかったようですが、運転中に狭心症を発症すればおおごとですね。
運転は普段から気をつけないものですね。

 

 

カテゴリー: 狭心症とは? パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です