狭心症での旅行の注意点

狭心症だからといって旅行を控えることはないのですが、狭心症を発症した人は旅行には不安抱えていますね。

 

また旅行することはいっこうに構わないのですが、重い荷物を持つ場合、階段や飛行機のタラップを上る場合など、狭心症発作がおきやすい状況に出くわす場面が多くありそうです。

 

旅先では普段と違った環境に接する場合が多々ありますから、狭心症で旅行をされる場合などは処方されている薬を忘れないようにしましょう。

 

狭心症の手術後は旅行どころか外出するのさえ心配でした。
狭心症の方に聞いてみるとほとんどの人が同じような不安を抱えていますね。

狭心症 旅先の不安 ニトロ

狭心症 旅先の不安

 

まして狭心症の手術後の3~4年は、海外旅行また海外の出張などはとても出来ませんでした。また国内ですら泊りでの出張は控えました。

 
狭心症治療薬の貼り薬ニトロダームTTS25mgの使用法の疑問

狭心症の方、車の運転はご注意下さい。

友人たちにも聞いてみましたが同じ環境におかれてる友人も狭心症の手術後は海外出張は代わって貰っていたと言ってました。
また、外出時はいつもニトログリセリンを財布とか洋服のポケットなど最低2箇所ほどに入れてました。
またペンダント型のニトロケースなどなかなかおしゃれな商品も販売されています。

 

また家庭においては数箇所にニトログリセリンをおいていました。
寝室とか居間とか数箇所にいつでも手の届くところにニトロをおいていました。

 

医師からは心配ないだろうといわれていましたが、狭心症の人はやはり発作の怖さをしっていますのでやはりニトログリセリンは離せないですね。

カテゴリー: 狭心症とは? パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です