狭心症の大敵は喫煙です禁煙しましょう

 

狭心症の大敵は喫煙です。

狭心症でステント留置手術を受け、退院するときに主治医から言われたのは

お酒は適量であれば血管を拡げ血液の流れを良くしますから悪くはないですが

、喫煙は血管を委縮させますからどんなことがあってもいけませんたとえ一服でもいけません”と言われました。

 

狭心症 原因 予防

狭心症の危険因子を取り除きましょう

たばこの害はいまさら説明するまでもないでしょう。

百害あって一利なし。成人男性の喫煙率は低傾向にあるものの、まだ50%を下回る程度です。

 

成人女性では、喫煙率は近年上昇傾向にあり、10%を超えています。   たばこの煙に含まれる、ニコチンや種々の発がん物質・遺産化炭素は動脈硬化を促進します。

 

また禁煙によってカテコラミンというホルモンが分泌されますが、これも動脈硬化を促進します。

低ニコチン・低タールたばこも増えていますが、吸う本数が増えると一酸化炭素を吸い込む量が増えて逆効果とも言われています。

またたばこは呼吸器病の原因にもなります。

 

1日25本以上吸うと肺がんの発生率は7倍、心臓のトラブルで亡くなる確率は7倍以上にもなります。

狭心症といわれたら思い切って禁煙しましょう。

 

 

緊急を要して「即入院・即手術」ということになり、入院中に感じたことは ”禁煙していて良かった” と思いましたね

病室の窓から見ていると、入院中にも関わらず病室を出て建物の陰に隠れてたばこを吸っている患者を何度となく見かけました。

 

もし私も嫌煙してなければおそらくあの人たちお同じだったでしょう。

 

喫煙は37年間に及びます。

何度も禁煙しようとしたのですが、途中で挫折してそのたびに喫煙本数が増えていきました。

禁煙に失敗すると反動として喫煙本数が増えますね。

 

またニコチン・タールの含有量の少ないたばこに変えたときも本数が増えました。

結局、最後と思って禁煙にチャレンジした時の喫煙本数は1日3箱(60本)でした。

 

あれから10数年になりますがその後一服のたばこも吸っておりませんが、途中の段階で、酒席では手持ちぶさからついつい飲み過ぎ帰りに自転車で転び顔面血だらけの怪我もしたり、またストレス(脳外科を受診しました。先生から禁煙とは直接関係はないかもしれませんが、たばこを吸いたくとも吸えないというストレスからの症状です。)からふら付いて歩けなくなることもありました。

 

その他、考えられないようなミスもたくさんしました。

でもでも我慢、ガマンで禁煙できました。

禁煙のブログも公開しております。(<a href=”http://kinen-1218.seesaa.net/“>禁煙・喫煙・タバコのいろは</a>)

 

禁煙の極意はたばこがほしくなったら”腹一杯水を飲む”(私はこの方法で禁煙しました。)

あのまま喫煙していたら今回の狭心症果たしてどうなっていたか?

 

それ以前にもっと重症な・・・直に心筋梗塞になっていたかもしれませんね

 

 

 

 

 

カテゴリー: 狭心症の原因 | コメントする

狭心症の食事においての注意事項

狭心症での食生活にも注意が必要です

 

糖尿病対策に日本食

狭心症は食事にも注意しましょう。

◆食事の注意

食べ過ぎは避けましょう。

特に、太り過ぎの人は摂取エネルギーを減らし、低脂肪・低コレステロール食をとる、動物性脂肪を避ける、塩分の取り過ぎに注意しましょう。

 

食後のちょっとした動作で狭心症がおきやすいことは経験済みだとおもいます。

はら8分目にし、食後1時間半は労作を控えましょう。

 

食事用法は基本ですが、それだけ狭心症が治ったり病気の進行が止まるとはかぎりません。

神経質になり過ぎて人生の楽しみを失ってしまわないようにしましょう。

 

個人的に食事に関して気をつけなければいけないことは、なんと言っても塩分でしょう。

とりあえず辛い物が好きで、焼き魚などもまるで魚が醤油の海で泳いでいる如く醤油をかけ、また妻が折角薄味に味付けしたものに塩、醤油をかけていつも小言を言われています。(笑)

 

◆狭心症の食事 ◆

◎摂取するもの

老廃物を排除(デトックス)、活性酸素を除去(抗酸化作用)し、脂質とミネラルの代謝を高めるものを摂るようにしましょう。

◆デトックス(老廃物排除)効果の期待できる食材

菜の花、玉ねぎ、ほうれん草、小松菜、ブロッコリー、キャベツ、ニラ、アボカド、らっきょう、にんにく、干ししいたけ、だいこん、里芋、山芋、もやし、ごぼうなど

◆抗酸化作用のある食品

にんじん、ブロッコリー、ピーマン、小松菜、にら、皮つきハトムギ、そば、黒ごま、大豆、よもぎ、レンコン、緑茶、ほうじ茶など

◆ミネラル補給

海藻類(ひじき、わかめ、のり、青海苔、もずくなど)、水菜、山芋など

 

狭心症、食事にも注意しましょう。

狭心症、食事にも注意しましょう。

×摂取を控えるもの

脂質(コレステロール・中性脂肪等)を増加させる食品は控えましょう。

 

◆動物性食品

肉、牛乳、魚の干物、動物性加工食品など

◆加工食品

インスタント食品、菓子類(ケーキ、チョコレート、クッキー、ポテトチップスなど)、ジュース類(コーラ、スポーツ飲料、ドリンク剤など)

◆精製糖

白砂糖、粉砂糖、ブドウ糖、果糖、還元糖など

◆油脂類

バター、マーガリン、ラード、サラダ油、ヤシ油など

 

カテゴリー: 狭心症とは? | コメントする

狭心症退院後のゴルフ・運転・旅行

狭心症退院後のゴルフ・運転・旅行

◆ゴルフ

ゴルフ自体の運動量はたいしたしことはありません。あらゆるスポーツの中でもっとも軽いといえるでしょう。ただし、バッグをかついだり、坂道をのぼたり、他人に後れないように焦って走ったりすると心臓への負担が大きくなります。

狭心症とゴルフ&旅行

狭心症とゴルフ&旅行

 

ときに、グリーン上でパットをする際に狭心症の発作をおこすことがあります。

これは精神的な緊張によるものですから気楽にプレーすることが大切です。

汗を多くかくと脱水を招くおそれがあり、寒さでは血圧が上昇します。極端に暑い日・寒い日のゴルフは避けましょう。

 

海釣りが好きでよく出かけますが、ゴルフと比較して運動量とか緊張度はどちらが高いですかね~~

釣る魚種、釣る方法にもよりますが、最近の道具は軽くなったとはいえ、クーラーから竿、リールなどなど結構な量の荷物が必要です。

 

 

◆運転、旅行

車の運転は、精神的なストレスです。

混雑した道路や高速道路での運転は精神的な緊張を招きやすく、狭心症の発作が起こることがあります。

 

車社会の米国では心臓発作が原因の事故が多いことが報告されています。

たかが車の運転と安易に考えず、注意しましょう。

 

旅行することはいっこうに構いませんが、重い荷物を持つ場合、階段や飛行機のタラップをのぼる場合、乗り物が混雑している場合、団体旅行で早く歩かねばならない場合など、狭心症が起きやすい状況はたくさんあります。

処方されている薬を忘れないようにしましょう。

 

車の運転は精神的なストレスに加えてなぜか眠気が増すように感じてから、運転は妻に任せて助手席で居眠りしていますが、なぜか車に乗ると30分もすれば睡魔が襲ってきます。

 

まるで子供やな~と冷やかされていますが、主治医に話すと「睡眠時無呼吸症候群」ではないか・・と・・

検査の結果「治療が必要」ということで睡眠時にマスクをつけて休んでいますが、なかなかマスクになれず反って睡眠不足になることがあります。

 

旅行にはちょっとマスク持参というわけにはいきませんね

旅行中のマスク着用についてのアドバイス等もありますが、個人的にはマスク持参での旅行はちょっと遠慮したいです。

 

カテゴリー: 狭心症退院後の注意点 | コメントする