狭心症-きつい発作がでたら?

◆きつい発作がでたら?

 

労作性狭心症の発作は、動作をやめると消失しますし、自分でもある程度予測できます。

特に原因がないのに発作がでた場合には、舌下錠があれば舌下しましょう。

1錠でで消失しないときは3~5分してもう1錠追加します。これを繰り返してください。

 

もし約30分以上発作が消失しない場合は、心筋梗塞の可能性がありますので、遠慮せずにかかりつけの病院に電話しましょう。

 

冷汗がでたり、顔面蒼白になったり、意識を失ったりした場合は急いで救急車を呼んでください。   患者さん自身、あるいは家族の方の決断の遅れが、しばしば命取りになることがあります。

狭心症の発作

 

【付録】

ニトログリセリンの使い方  ニトログリセリンは狭心症発作を抑える薬です。舌の下に入れて溶かすと、すぐに効果がでてきます。心臓の血管を拡げるとともに、全身の血管も拡げて血圧を下げることが狭心症に効く理由です。

正しい使い方を知っていることが重要です。   ・・・  ・ 短時間しか作用しません。舌下後1~2分で効き始め、2~3分で最大となり、  30分ほどで効果は消失します。3~5分で効果がなければ繰り返し舌下します。

 

・舌下錠は飲んでしまうと効果が減ります。

・ 発作が起こることが予想されるば場合には、あらかじめ舌下しておくこともできます。

・ 血圧を下げる作用もあるため、座ってぜっかしましょう、立ったままで舌下すると意識がなくなることがあります。特に高齢者の方は注意してください。

・舌下錠のほかにスプレーも同様に使われます。  使い方をよく読んでから使ってください

・ 勃起不全治療薬の服用には使用しないでください。

 

上記情報は下記「狭心症読本」より引用させていただいております。

 

狭心症読本ー狭心症の正しい理解と快適な生活のために

監修者:百村伸一・斎藤宗靖 企画:協和発酵工業株式会社 発行者:松岡光明 発行所:株式会社メディカルレビュー社

カテゴリー: 狭心症の症状 | コメントする

心臓病とアルコール

お酒は心臓にとって悪くはありません。

適量のお酒はストレスを解消します。また、血液循環を良くし、善玉コレステロールを増やして動脈硬化の進展を予防します。 

 

適度のお酒を飲む人のほうが心臓病は少ないというデーターがあります。  

しかし飲酒によって心拍数がまし、ときに強い狭心症を起すこともあります。

 

また二日酔いは脱水を招き、心筋梗塞や不整脈の誘因にもなります。ほどほどにしましょう。

 

・適量のお酒とは?

人によって異なりますが、他人に酒を飲んだことが分かってしまう状態では適量を超えています。日本酒1合、ビール大ビン1本、ウィスキーダブル1杯が適量といえましょう。

 

一日の適量のお酒

一日の適量のお酒

 

緊急を要して「即入院・即手術」して約10日ほどの入院で、退院時に主治医から説明がありました。

たばこはいかなることがあっても一服も吸ってはいけません。

 

たばこは血管を委縮しますから絶対に吸ってはいけません、が、お酒は適量であれば血液の循環を良くしますから大丈夫ですが、あくまで”適量です”と念を押されました。

 

今はそれを良いことに毎晩晩酌をしておりますが、最近はちょっとオーバー気味だと思われます。

上記の適量からすると倍程度の量になっていますね・・・せめてビール2本までに抑えないと。。。。(笑)

 

”と

カテゴリー: 狭心症退院後の注意点 | コメントする

狭心症の大敵は喫煙です禁煙しましょう

 

狭心症の大敵は喫煙です。

狭心症でステント留置手術を受け、退院するときに主治医から言われたのは

お酒は適量であれば血管を拡げ血液の流れを良くしますから悪くはないですが

、喫煙は血管を委縮させますからどんなことがあってもいけませんたとえ一服でもいけません”と言われました。

 

狭心症 原因 予防

狭心症の危険因子を取り除きましょう

たばこの害はいまさら説明するまでもないでしょう。

百害あって一利なし。成人男性の喫煙率は低傾向にあるものの、まだ50%を下回る程度です。

 

成人女性では、喫煙率は近年上昇傾向にあり、10%を超えています。   たばこの煙に含まれる、ニコチンや種々の発がん物質・遺産化炭素は動脈硬化を促進します。

 

また禁煙によってカテコラミンというホルモンが分泌されますが、これも動脈硬化を促進します。

低ニコチン・低タールたばこも増えていますが、吸う本数が増えると一酸化炭素を吸い込む量が増えて逆効果とも言われています。

またたばこは呼吸器病の原因にもなります。

 

1日25本以上吸うと肺がんの発生率は7倍、心臓のトラブルで亡くなる確率は7倍以上にもなります。

狭心症といわれたら思い切って禁煙しましょう。

 

 

緊急を要して「即入院・即手術」ということになり、入院中に感じたことは ”禁煙していて良かった” と思いましたね

病室の窓から見ていると、入院中にも関わらず病室を出て建物の陰に隠れてたばこを吸っている患者を何度となく見かけました。

 

もし私も嫌煙してなければおそらくあの人たちお同じだったでしょう。

 

喫煙は37年間に及びます。

何度も禁煙しようとしたのですが、途中で挫折してそのたびに喫煙本数が増えていきました。

禁煙に失敗すると反動として喫煙本数が増えますね。

 

またニコチン・タールの含有量の少ないたばこに変えたときも本数が増えました。

結局、最後と思って禁煙にチャレンジした時の喫煙本数は1日3箱(60本)でした。

 

あれから10数年になりますがその後一服のたばこも吸っておりませんが、途中の段階で、酒席では手持ちぶさからついつい飲み過ぎ帰りに自転車で転び顔面血だらけの怪我もしたり、またストレス(脳外科を受診しました。先生から禁煙とは直接関係はないかもしれませんが、たばこを吸いたくとも吸えないというストレスからの症状です。)からふら付いて歩けなくなることもありました。

 

その他、考えられないようなミスもたくさんしました。

でもでも我慢、ガマンで禁煙できました。

禁煙のブログも公開しております。(<a href=”http://kinen-1218.seesaa.net/“>禁煙・喫煙・タバコのいろは</a>)

 

禁煙の極意はたばこがほしくなったら”腹一杯水を飲む”(私はこの方法で禁煙しました。)

あのまま喫煙していたら今回の狭心症果たしてどうなっていたか?

 

それ以前にもっと重症な・・・直に心筋梗塞になっていたかもしれませんね

 

 

 

 

 

カテゴリー: 狭心症の原因 | コメントする