狭心症の種類ー労作時狭心症

狭心症には大きく分けて2つのタイプの狭心症があります。
一つが「労作時狭心症」と「安静時狭心症」というものです。

 

労作時狭心症とは運動などの少し激しく体を動かしたときに、症状が起こるタイプの狭心症です。

 

体を動かすと、体の筋肉は酸素を多く必要とするので、全身の血流を早くするために心臓の動きが活発になります。

 

心臓の動きが活発になることで、心臓の筋肉(心筋)にも多くの酸素が必要になるので、血流も多く必要になります。

 

しかし、冠動脈が動脈硬化などにより狭くなってしまっていると心筋に必要な量の血液を送ることができないという事態になります。
狭くなっている血管の先にまで血流がいきわたらないという事態が起こります。

 

そのために、心筋が酸素不足になってしまい、胸痛などの狭心症の発作が起こってしまいます、それが「労作時狭心症」です。


労作時狭心症の発作は、静かに休めば起こってから約5分以内におさまることが多いようです
また労作時狭心症は、動脈硬化の状態により、さらに分類されています。

 

狭心症の種類

狭心症の種類

安定狭心症 
安定狭心症とは、労作時狭心症の一種です。数秒の短い発作が、決まった時間や同じ動作を行う度に起こる狭心症です。労作性狭心症の大部分が安定狭心症に属します

 

不安定狭心症
不安定狭心症とは、労作時狭心症の一種です。胸の痛みなどの発作が突発的、もしくは不定期に起こり、胸の痛みの強さもそのつど変化し、規則性がない狭心症です。
心筋梗塞になってしまう危険性があります。私はこの不安定性狭心症と診断され手遅れにならないうちに(今日中に)手術しますからできるだけ早く入院の準備をしてきてくださいと言われたのです。

 

増悪性狭心症
増悪性狭心症(増悪型狭心症)とは、発作の回数や胸の痛み強さ、持続時間などが急に悪化した労作時狭心症のことです。心筋梗塞の一歩手前の危険な状態です

カテゴリー: 狭心症の症状 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です