狭心症の併発について

狭心症のみで即生命にかかわる状況は比較的低いようですが、狭心症が他の病気を併発して労作性狭心症と安静時狭心症を併発する場合は危険な状態です。


また狭心症から心筋梗塞へと進行すると生命の危険度も一気に高まります。
心筋梗塞・狭心症の症状のある方は、更に脳卒中を併発する危険性もありますので、注意が必要です。


狭心症の発作はその現れ方で危険度を示します。
狭心症の発作の症状が、以前より回数が増えたり、痛みが強くなる、発作が長く続くと言った場合は危険な状態です。


成人病の心筋梗塞と狭心症には様々な要因があげられます。
これには生活習慣病にも関わりが深く、要因や原因となる疾患には、高脂血症・糖尿病・高血圧・痛風・タバコ・肥満・遺伝などたくさんあります。

 

高脂血症・糖尿病・高血圧などから心筋梗塞、狭心症を併発する場合もありあり、生活習慣、食生活などは重要です。

狭心症で疲れやすい

狭心症の併発について

 

■ありがとうございます・・・【●よく読まれているページ

狭心症を予防する食事療法ならびに食べ物ー(2)
狭心症だって自覚症状はあります。
狭心症でのカテーテル検査のリスク
狭心症での入院期間
狭心症で気をつけたい放散痛

心筋梗塞は、心臓の機能をつかさどる心臓の筋肉である心筋に、栄養を送る動脈がより狭くなったりふさがることで、重傷の場合は心停止に至る疾患です。

狭心症はその一歩手前の症状だと思ってもよいでしょう。
狭心症が進行して心筋梗塞へと進んでいくと危険度は一気に上がります。


ステント治療をしたからといって、完全に治ってしまうわけではありません。血液が固まるのを防ぐ効果があるアスピリン(バファリン)は通常一生内服する必要があります。


糖尿病、高脂血症、高血圧などの虚血性心疾患危険因子の治療を積極的に行うことで、併発を防ぎ将来の心筋梗塞などの発生率を減らすことが出来ます。
また狭心症・心筋梗塞には禁煙も重要です。

カテゴリー: 狭心症の症状 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です