狭心症のサイン(予兆)はこんなところにも現れます。

若い時から肩こりがひどく、その時もいつもの肩こりだと思っていたのです。

この肩こりは狭心症のサインだったのですが・・・・・ 

今回の肩こりは何時もの痛みよりひどく、肩が重くて痛むので、”町医者の診察では・・とりあえずレントゲンを撮りましょう。”ということで。。。写真を見ながら骨には異常はないようですのでしばらく様子を見ましょう。。。といって痛み止めを1週間分もらって帰りました。

 

 

友人に話すともしかすると狭心症のサインかも・・・ということで別の病院で診察を受けることになりました。そこで分かったのですが、その肩の痛みは狭心症のサインだったのです。 

 

もし、胸の辺りが激しく痛んだなら、もしかして狭心症などを疑ったのですが、肩こりがまさか狭心症のサインだったとは気が付きませんでした。 


それがいわゆる放散痛というものだそうです。
内臓にはさまざまな神経系統があり、痛みはそこを伝わって生じるので、思わぬ場所に表れることが少なくないそうです。 

狭心症・治療 放散痛

狭心症 放散痛

狭心症のサインは、階段を駆け上る、駅のホームを軽く走るといったちょっとした動作で症状が表れる。通常は、胸の中心辺りが痛む、しかし、それが違うところに出るのだそうです。 

■ありがとうございます・・・【●よく読まれているページ

狭心症は疲れやすいと言われますが?これは薬の副作用ですか?
筋トレは狭心症患者に有効?
狭心症って完治するんでしょうか?治るのでしょうか?
狭心症の自覚症状・前兆は肩こりでした。
狭心症と診断されるまでの検査は何科の受診?
 

狭心症のサインとしては、左の肩や顎などが痛みます。
狭心症は心筋梗塞の前兆とよくいわれますが、典型的な訴えは前胸部の真ん中あたりの圧迫感、焼けるような痛み、締め付けられるような感じです。 


いずれにしても、胸周辺に起こる。そのために、肩や歯が痛んでも、肩凝りや歯の痛みと勘違いするケースが珍しくないのです。
狭心症のサインである放散痛に気を付けましょう。 

カテゴリー: 狭心症の症状 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です