狭心症には胸焼けに似た症状もあります。

狭心症には胸焼けに似た症状もあり、また歯痛と間違うような奥歯の痛みとか、肩こりと間違うような肩の痛みであったりしますが、それ以外にも下記のようなさまざまな症状がありますので、通常と違う痛みの症状を感じた時はまず診察を受けることです。



胸焼け、胸部などの痛みの場合はまず循環器科を受診しましょう。
狭心症は、進行すれば心筋梗塞にも進行して命に係わる重傷となる場合もあるのです。、



胸部の不快感や痛み、胸焼け、最も多く見られる症状としては、胸部の不快感、重苦しさ、絞扼感、圧迫感、痛み、焼けつくような感じ、しびれ、膨満感、締めつけられるような感じなどがあります。


狭心症の症状  胸焼け

狭心症の症状  胸焼け



狭心症の胸の痛みの症状だけでもこんなにいろいろな症状がありますので、自己判断で軽く考えがちなことから重症化して命の危険にさらされることもありますので注意しましょう。




狭心症は、消化不良や胸焼けと症状が似ています。
息切れ。動脈が詰まっているために心臓が身体の必要を満たすだけの十分な血液を送ることができない場合、心不全の症状-息切れ、労作時の極度の疲労感、足および足首のむくみ―が現れることがあります。




心臓発作-冠動脈が完全に詰まると、心臓発作を起こす可能性があります。

通常-心臓発作の症状としては、胸部の激しい痛み、肩や腕の痛み、息切れなどがあります。

 

カテゴリー: 狭心症の症状 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です