狭心症には胸痛以外にむかつきという症状もあります。

狭心症の痛みは一般的には胸痛によるものが多いのですが、それ以外の症状が現れることがあり、息切れや動機などの呼吸障害、胃のむかつき・吐き気、全身のだるさや冷や汗、または歯痛などもみられるようです。

■ありがとうございます・・・【●よく読まれているページ

狭心症には胸焼けに似た症状もあります。
狭心症だって自覚症状はあります。
狭心症の右胸の痛みとは?
労作性狭心症の私が感じた症状
狭心症の方は特に熱中症にはご注意ください。
 

 

また発症するタイミングも安静にしていても発症する可能性はありますが、急激な運動をしたり、排泄時などの力み、喜び・悲しみ・怒りなどによる興奮状態(ストレス)などの、血圧が急激に変化するような状況にて発症する可能性が高くなります。 

 

階段を登っていたり、お風呂に入る・上がるタイミングなど、身近な行動でも発症することが考えられます。 


私が経験したのは、入浴時でした。ゆっくり湯船につかっていた時になんとなく胃の調子が悪いのかむかむかするように感じていました。 

むかつきを感じていると胃のみぞ落ちあたりが痛みだしそれがだんだんと上に上がってくる感じがして、最後は胸からのどにかけてかきむしるくらいの痛みを感じたのです。 


その時は、「ニトロ、ニトロ・・・」と叫んでしました。
これは市民病院の診察予約のの前夜だったと思うのですが・・?? 


また心筋梗塞が早いペースで進行する際、自律神経のバランスが乱れ、胸がむかつく症状が現れることがあるそうです。。 


胸のむかつきは、急性胃炎、十二指腸や胃の潰瘍の典型的な症状です。
胸のむかつきを訴えて受診すると、ほとんどのケースがこれら(急性胃炎、十二指腸や胃の潰瘍)の病気を疑われますが、心筋梗塞の場合あるそうです。 

 

原因不明の吐き気やだるさ、しびれ、めまい、むかつきなどの違和感を感じた場合は、
心臓病を疑って専門医の診察を受けるようにしましょう。
カテゴリー: 狭心症の症状 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です