狭心症、心筋梗塞で日常生活に気をつけることは?

狭心症、心筋梗塞で日常生活に気をつけることは??

 

狭心症、心筋梗塞の方はこれからの冬場の生活では特に気をつけることがあります。狭心症や心筋梗塞の発作は、ちょっとした血圧の変動などが引き金となって起ことがありますので

日常生活の中では次のことに気をつけることが重要です。。 

日常生活の中では、次のことに気をつけましょう。 

温度差が大きな場所では、血圧が急激に上下します。
すると心臓や血管に一時的に大きな負担がかかり、心筋梗塞などの引き金となりかねません。
温度だの激しい場所への移動は気をつけましょう。 

糖尿病の予防に、メタボの予防に、ウオーキングしていますが、冬場のさむい時期は外気温との温度差が大きいのでいきなり外へ飛び出さないで軽く運動して体を温めてからウオーキングに出かけるようにしましょう。 


家庭内で温度差の激しのは冬の浴室やトイレなどです。冬場ではお風呂でまたトイレで倒れる方が多いようですので気をつけることです。
浴室は、暖かいリビングから寒い脱衣場へ、そして再び熱いお湯につかるというように、大きな温度差をくり返し、血圧も変動しやすくなります。 


脱衣場を小型の暖房機で暖めておく、浴室は入る前にシャワーを出しておき、蒸気で暖めるなどの工夫をしましょう。 

冬場の夜中に行くトイレなどはカーディガンなどをはおるなど気をつけましょう。 


また狭心症や心筋梗塞の人は水分を摂ることも大事なことです。
体内の水分が不足すると、血液がドロドロになりやすく、心臓発作を起こしやすくなります。
私も医師からできるだけ水を飲むように言われています。
お茶よりも水をのむようにしましょう 

寒い冬場はちょっとお水は飲みづらいでしょうから、ポットなどで温めた白湯を飲むようにしています。
また同時に朝夕に服用する薬の飲み忘れがないように気をつけることです。
カテゴリー: 狭心症の症状 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です