その症状・前兆は狭心症かも知れません?

狭心症の一般的な症状としては胸の痛みがありますが、狭心症の前兆としては放散数といって胸以外の箇所に痛みが出ることがあります。

下記のような症状に注意しましょう

・階段をのぼるときなどに胸の前部に締めつけられるような痛みがある。

・胸の痛みのほかに、あごや左腕、右肩に痛みがはしることがある。

・胸の痛みのほかに、冷や汗や吐き気を伴うことがある。

・胸やけやしびれのような不快感を感じることがある。

・胸の強い圧迫感や胸痛がある。

狭心症の予兆は生あくびから?

また高血圧、喫煙、糖尿病、肥満などにも影響されることもありますのでチェックが必要かと思います。
思い当たるような症状があれば医師に相談、専門的な診断を受けるのが良いでしょう。

 

狭心症の前兆を見逃しては行けません。
どんな病気にも前兆はあります。その症状が大きいいか小さいかの差です。
その前兆に気づくか、気づかないかの差が場合によっては命を落とすことにもなりかねません。

 

狭心症 老人 予防

狭心症の予防

いろいろな病気の中にはその病気の前兆を感じられない病気もあるようですが、日頃から注意深くみていると何かの異常があるはずです。
その病気の、直接的な原因ではなくても間接的に思わぬ病につながることもあります。

狭心症のサイン(予兆)はこんなところにも現れます。

狭心症の予兆とは思わなかった。

私もまさか「肩こり」が狭心症の前兆だとは思いませんでした。
肩こりから発した症状に不安定性狭心症に繋がり、緊急入院、緊急手術へとつなっていきました。
もしあの肩こりを見逃していたならばもしかすると。。? 大変な事態になっていたかもしれません。

狭心症の前兆とも言うべき上記の項目でいつもと違う症状を感じたら、医師に相談、診察を受けましょう。

カテゴリー: 狭心症の症状 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です