狭心症薬物治療法

◆狭心症薬物治療法

 

狭心症の治療に使われる薬には、屯用薬と発作予防の薬があります。

屯用薬は、発作が起きたときに使うもので、ニトログリセリンが代表的です。

発作予防には、心臓の血管を拡げる薬や、血圧を下げたり心拍数を減らして、心筋の酸素需要を減らす薬がつかわれます。

 

大きく次の種類にわかれます。

・硝酸薬  ニトログリセリンがその代表で、屯用薬と発作予防の薬です。

患者さんの状態や用途に応じてさまざまな種類があります。屯用薬としては舌下錠やスプレー剤、発作予防には効果の持続時間が長い、貼り薬や飲み薬が使われます。

 

・カルシウム拮抗薬  発作予防の薬です。血管を拡げる作用が強く、高血圧にも用いられます。血圧を下げて心臓の負担を減らし、また冠動脈を拡げてスパスムを予防します。安静時および労作性狭心症の治療に有効な薬です。

 

・ベータ遮断薬  発作予防の薬です。心筋の収縮を抑え、心拍数を減らして心筋の酸素需要を減らします。労作性狭心症に有効な薬です。しかし、スパスムを誘発することがあるため、冠れん縮性狭心症には用いません

 

・抗血小板薬  血液が固まりにくくする薬です。血栓ができるのを防ぐ効果があります。

 

 

薬物治療

薬物治療

 

◆どの治療法を選ぶか?

 

PCI, CABG、薬物治療、 3つのうちどれを選ぶか?これは大変むずかしい問題です。

まず、冠動脈の状態が重要です。

 

バイパス手術をしたくても、つなげるような太い血管がなければできません。しかし、左冠動脈のつけ根部分や左右の冠動脈3本とも狭くなっている場合などではバイパス手術がすすめられます。

 

そのほかに、心臓の機能や発作の程度、さらには年齢や糖尿病の有無なども重要です。

手術に対する恐怖感や不安なども十分に考慮されます。

これらすべてを総合的に判断し、最終的には患者さん自身に決めていただきます。もちろんそのためにそれぞれの治療法の長所、短所について十分な説明があるはずです。

 

カテゴリー: 狭心症の治療 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です