狭心症と飛蚊症

狭心症の治療中ですのであまり良くないとはわかりつつ仕事柄一日中パソコンの前に座っています。

パソコンで絵を描くのが仕事です。

狭心症で治療中ですが、医師からは ”パソコンさえやめればいろいろな問題も解消するのだが ”と言われているのですが、生活の基盤ですからパソコンをやめるわけには行きません。

 

今は若いときのように朝から~~夜中までと、いうようなことはないですが仕事が入れば 待ったなしの状態ですからどうしても無理をしてしまします。
狭心症にもよくないのは分かっていてもやはり仕事とあれば仕方ないです。

近頃は歳のせいでしょうか目の疲れを特に感じていた時 約10日ほど前のことです。
入浴中に右目視覚に陰のようなものが映り、最初はまぶたに何かゴミでも・・・と思ったのですがそれでもなくまた白い壁に目を移すと黒いごみのようなものが動きまた黒い点が動きました。

 

初めてのことでびっくりしました。

どの病気も本人にとっては重大なことですが、特に目は大事ですね
この歳で光を失ったら・・・と思うと一気に不安がつのり、翌日早速に眼科の診察を受けました。

 

飛蚊症の症状

飛蚊症の症状

そこで初めて知ったのです「飛蚊症」という目の病気・・・また眼底検査などのしましたが別段異常はなかったようです。
飛蚊症については現代でも解明されていない部分が多くあるようですね。

飛蚊症についての説明を聞き幾分安心はしました。

そして狭心症の診察時に先生にこれまでのことを話すと ”俺なんかず~と前から蚊が飛んで知るで” と言われまた知人は ”20年まえから飛蚊症といわれている” などなど 周囲の多くに人がこの飛蚊症なる病気になっていることを知りました。

 

進行しなければ特段心配することもないといわれ、まずは一安心といったところです。
狭心症の治療の医師からはそのうち慣れるでしょうが、気になるようだと薄い色のサングラスなどをかけるといいとアドバイスされ今は外出時にはサンブラスを使用しています。

でも最初はびっくりしました。

 

高齢になって光を失って苦労された人を知っているだけに、もしあのようなことになればと随分心配しました。

また歳を考えてパソコンもほどほどに・・・と強く感じました。

 

また飛蚊症について調べていると次のような文面に出合いました

~~~
糖尿病や腎臓病、高血圧や狭心症、心筋梗塞の既往がある人も飛蚊症が出てきたときは速やかに主治医に相談してください。 ぐれぐれのご注意あれ!

 

���2p��

カテゴリー: 狭心症の治療, 狭心症の症状 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です