狭心症入院時の運動不足解消法は?

狭心症で短期間の入院でも運動不足から体力の衰えを感じるらしいです。

もし、1週間もベッドに横たわっていて運動不足になると立ち上がっても上手く歩けないそうですね。

 

ちょっとしたことでも運動不足解消には大切なことのようです。
そんな運動不足解消の為に狭心症でステント留置術をした次の日から病院内を歩いて下さいとの指摘でした。

 

といって激しい運動は避けねばなりませんので。。といってあまり病室内でうろうろも出来ず。また重症患者さんからみれば病院内をうろついていると変な目で見られるだろうと思うし。。。

 

狭心症 運動不足

狭心症 運動不足

1日のうち何度も売店で小分けして購入していました。
一度に購入すればすむことでも何度かに分けて売店かよいをしていました。(笑)

 

狭心症で初診から緊急入院、緊急手術で約1週間入院しました。
緊急を要する狭心症のステント留置術の手術後も経過はよく手術後の点滴の後、先生の説明を聞きに行くように看護婦さんに言われました。

 
狭心症でステント留置術手術後の経過からしてすぐにでも歩ける状態でしたから安易に考えがちですが、一昔前なら開腹手術をしなければならい所です。
との指摘があり、現在の医学の進歩に驚きました。

 

先生からは狭心症ステント留置術後の経過も順調のようですから、病院では何も珍しいものはないですが運動不足にならないためにも病院内をうろうろしておいて下さい。
との指摘がありました。

 

 

たとえ1週間でも寝込むと体力的にも衰えますから適度な運動は不可欠です。
運動不足解消に病院内をうろうろしておいて下さい。との主治医から言われました。

 

カテゴリー: 狭心症の治療 パーマリンク

コメントは停止中です。