狭心症と飲酒の関係は?

狭心症と飲酒について退院時に主治医より説明がありました。

先生:お酒は飲まれますか?
私:はい、適度に飲んでいます。晩酌は毎晩ですが。。。
(主治医の先生も非常にお酒好きと聞きていました。)

 

飲酒についてですが。。。狭心症の場合は、飲酒はだめと言うわけではありません。
適度な飲酒は血流をよくしますから飲酒されることはかまいませんが、あくまでも適量です。

 

飲みすぎは狭心症にも身体にもよくないですから。。。
くれぐれも飲酒される場合は適量にとどめて下さい・・との説明でした。
適当な飲酒量には個人差がありますが、一般的には日本酒では1日1合から2合、ビールなら大びん1~2本といわれています。 逆に1日3合以上飲む多量飲酒者は、虚血性心疾患による死亡率が逆に高いとの報告があります。
「過ぎたるは及ばざるが如し」ですね。
また,タバコに関しては飲酒とは反対にどんな状態でもよくないです。
例え1本でもよくないです。
タバコは血管を萎縮しますから狭心症には大敵です。
禁煙は必ず守って下さい。との事でした。

 

私は禁煙してもうすぐ9年になります。
今さら喫煙しようとは思っていませんからタバコは大丈夫だと思います。

 

禁煙に関しては4度目のチャレンジで大変な思いをして禁煙に成功しました。
禁煙によるストレスから歩けなくなる症状が出て脳波の検査までしました。
医師の説明ではタバコとの因果関係はないですが吸いたくとも吸えないというストレスからきているのではないか?ということでした。
が・・今さらあの苦しみを味わいたくないので今後も喫煙はしないでしょう。
飲酒に関しても今までのような飲み方ではいけないでしょう。
週に1~2度は飲酒を控えるようにしなければ。。。。?

カテゴリー: 狭心症の治療 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です