狭心症で通院しています

狭心症の治療で約10年通院しています。
不安定性狭心症でステント留置術を受け退院後は近くの開業医の病院に通院しています。


狭心症の薬は仕方ないとしても、検査が多いですね。
自宅から近くで通院に便利なところが最大の理由ですが・・・・

 

2~3ヶ月毎の血液検査、心電図検査、腹部エコー検査、レントゲン検査、胃カメラ、大腸内視鏡検査などなど、医療費も馬鹿になりません。

狭心症・治療 通院

狭心症 通院

 

また、狭心症の場合は診察料もちょっと高めなのでしょうか?


病院の情報を調べている時に気づいたのですが、大きな病院と町医者では料金体制が異なるんですね。
初めて知りました。

 

いま通院している病院と市民病院では料金が違うようです。市民病院の方が少し安めのようです。が。。。市民病院では患者数も多く待ち時間が長くて。。。
それほどの時間の余裕がありませんから今の病院に通院するしか仕方ないかも・・

 

病院を選ぶにもまた通院するにもいろいろな条件がありますね。
距離、時間、もちろん先生の人気なども大いに関係するでしょう・・・

 


開業医の場合は入院ベッド数が200床以上の病院と違い、慢性的な病気(病名)がカルテに書かれた場合には、医学管理料が発生する仕組みになっています。

 


その影響で大病院なら再診料(大病院の場合は外来診療料と呼びます)と処方せん料だけで料金が構成されますが、開業医など入院ベッド数が199床以下の医療機関の場合は、再診料のほかに「外来管理加算」というものが発生し、さらに月に2回を上限に「特定疾患療養管理料」というものが発生しますので若干高くなるようです。
処方せん料は同じです。

 

カテゴリー: 狭心症の治療 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です