狭心症の発作緩和に冷水は危険?

狭心症の症状が出た時に冷水を飲んでおさまったという投稿記事を読んていた時に下記のような貴重な情報を見つけました。
狭心症で治療中ですが、幸いにしてその後、発作も起きずまた、冷水を飲むようなこともなかったのです。


======== 

狭心痛や逆流性食道炎痛などは、冷水を飲むことで、一時的に緩和されるようですが、大変危険な行為とだと、おせっかいながら警告しておきます。 

特に狭心症の場合には、冠動脈狭窄が原因ですので、この方法を常用化すると、いつかは心筋梗塞に移行し、最悪死亡します。
心臓麻痺と言うやつです。 

また、逆流性食道炎の中でも、厄介な食道動脈瘤がある場合は、最悪、破裂して失血死となります。
血管は、冷やすと細くなりますので、非常に危険です。
冷水を飲んで痛みが緩和するのは、胃炎及び胃潰瘍と軽度の食道炎だけですので、危険な行為はおやめ下さいね 

======== 

■ありがとうございます・・・【●よく読まれているページ

狭心症に対するわたしの後遺症とは?
狭心症の自覚症状・前兆は肩こりでした。
狭心症では息苦しさの症状がでます。
狭心症に見られる予兆とは?
狭心症とわかるまでは何科を受診されますか?

私は狭心症で治療中ですが、退院時に先生からは普段からできるだけ水を飲むように言われました。(常温の水です。) 

血が固まるのを防ぐためにできるだけ水を飲むようにしてください。とのことでしたが。。。普段から出来るだけ水は飲むようにしております。 


もし発作などが起きた場合は速やかにニトロの舌下錠を服用してください。ニトロの舌下錠は常習化することはないですから発作時は我慢せずに舌下錠を服用してくださいとも言われました。
カテゴリー: 狭心症の治療 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です