狭心症と抜歯について。。

狭心症でバイアスピリン錠を服用しています。
抜歯をするときなどは服用している薬を告げるなり、またお薬手帳を見せるなりする必要があるそうです。

 

抜歯をすれば当然に出血します。
服用している薬によっては抜歯後に出血が止まりにくいことがあるそうです。

約10年前に不安定性狭心症と診断されて初診時に緊急入院・緊急手術でステント留置術を受けました。その後ず~と3種類の薬を服用しておりますが、その中にバイアスピリン錠という薬があります。


バイアスピリン錠は血液が固まりにくくする薬です。血液をサラサラにする薬ですが、怪我等で出血するとなかなか出血が止まりにくい状態になるそうです。

■ありがとうございます・・・【●よく読まれているページ

狭心症には左腕のしびれから痛みの症状ももあります。
ニトロの効きにくい微小血管狭心症とは?
狭心症だって自覚症状はあります。
ニトロの効きにくい微小血管狭心症の症状とは?
狭心症で気をつけたい放散痛


ちょっとした擦り傷などでも出血がとまりにくいのかなあ~とも思っています。
抜歯などすれば当然のごとくなかなか出血が止まらないと思われますので、抜歯をする前にはバイアスピリンの服用を中止するように医師から説明があると思います。


大腸ポリープの検査をする前にもいつもバイアスピリン錠の服用を1週間前から服用をやめて検査に臨みます。


体質的にポリープができやすい体質なのでしょうか。2~3年毎に大腸ポリープの検査をしますが、小さなポリープが出来ていることが多く何時もその場で提出しますのでバイアスピリンの服用を1週間前より中止するように指示があります。
カテゴリー: 狭心症の治療 パーマリンク

コメントは停止中です。