狭心症の治療薬で副作用の頭痛

狭心症の治療薬を服用することによって副作用として頭痛に悩まされることがるようです。

不安定性狭心症で2度のステント留置術を受け現在は通院中です。
貼り薬(ニトロダーム)を含めて朝夕に3種類の薬を飲んでいますが、なかには服用する薬によっ副作用として頭痛に悩まされることがあるようです。


ネット上で検索すると多くの方が頭痛に悩まされているようです。
その一例ですが引用します。

<ここから>
カテーテル検査の結果、冠攣縮性狭心症と診断されました。
予防としてアイトロールを処方されましたが、その副作用で1日中ひどい頭痛におそわれております。

1週間ほどでなれると言われておりますが1週間たっても一向に頭痛が治まりません。
市販の痛み止めを服用するも効き目がありません。

主治医に相談しましたが、服用しはじめたばかりなので結果を見たいから続けて欲しい、とのことでした。
このような副作用でも今後もアイトロールを服用しなければならないのでしょうか。同じような効果で副作用がない薬がないのでしょうか。

<日本心臓財団からの回答>

アイトロールは強力な血管拡張薬であり、効果がはっきりしている反面、人によっては頭痛という副作用があります。

この場合には、ほかの薬に変更してもらうことが望ましいと思います。
血管の痙攣を抑える薬は他にもいろいろあります。
狭心症ではない人がアイトロールを使用すると頭痛が起こるのだと考える人もあるほどです。
あまり心配なさらないでください。

<ここまで>

私の場合は、処方された薬を服用しすることによる副作用の頭痛はありませんが、先生がおっしゃるにはと生涯この薬は服用しなければならないとのこと・・・。
生涯この治療薬から離れらえないというのがちょっと億劫に感じますね。

カテゴリー: 狭心症の治療 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください